メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無期懲役

関連キーワード

  • 無期懲役(2015年12月11日 朝刊)

    死刑を除くと最も重い刑。日本に終身刑はなく、刑法上は仮釈放が認められているが、近年は珍しいケースになっている。法務省のまとめによると、仮釈放された無期懲役の受刑者は2006年以降は1桁が続き、昨年は6人。仮釈放までの平均期間は31年4カ月だった。一方、刑期中に死亡した受刑者は昨年23人を数え、刑務所で最期を迎える受刑者が実際には多い。昨年末時点で無期懲役の受刑者は全国に1842人いる。

  • 死刑・無期懲役事件の再審(2012年06月08日 朝刊)

    再審はかつては「開かずの扉」ともやゆされた。裁判所の姿勢が変わったのは、1975年に最高裁が「白鳥決定」で、「疑わしきは被告人の利益に」という原則を再審にも適用するとの判断を示してから。これをきっかけに80年代には免田、財田川、松山、島田の4事件で死刑囚が再審で無罪となった。この4件を含め、戦後に発生した事件で、死刑か無期懲役が確定しながら再審で無罪となったケースは7件(8人)あり、仮に今回の東電事件で再審無罪が確定すれば1件増えることになる。

  • 死刑・無期懲役事件の再審無罪(2012年11月07日 夕刊)

    「開かずの扉」と言われてきた再審の門戸が広がったのは、最高裁が1975年の白鳥決定で、「疑わしきは被告人の利益に」という原則を再審にも適用するとの判断を示してからだ。これをきっかけに、80年代には免田、財田川、松山、島田の4事件の再審で死刑囚が無罪となった。戦後に死刑か無期懲役が確定しながら、白鳥決定以降に再審無罪となったのは、東電女性社員殺害事件で8件(9人)目となる。

最新ニュース

写真・図版

逮捕状請求で600キロ 証拠コピー600万円…IT化で劇的変化?(2022/6/28)

 日本三大霊場の一つ、恐山がある青森県むつ市は、本州最北端の下北半島に位置する。 約100キロ離れた県庁所在地の青森市までは、車で片道2時間、雪深い冬場は3時間はかかる。 数年前、むつ署の管内で覚醒剤…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】仏料理シェフのパン焼き小屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&M】新型「ポロ」に試乗

    使い勝手の良さと力強い走り

  • 写真

    【&Travel】東京の「いま」を安心して

    旅してみませんか<PR>

  • 写真

    【&M】家族が快適に過ごすには?

    アイデアが詰まったバンコン

  • 写真

    【&w】カラフルな部屋“旅する”家

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日内野聖陽が語る鋼の錬金術師

    「今の時代にビビっとハマる」

  • 写真

    論座漂流キャスター日誌

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンファッションビジネスの未来

    ヘルノCEOが語る戦略とは?

  • 写真

    Aging GracefullySHOW-YA寺田恵子さん

    「歌うことは、今生の天命」

  • 写真

    GLOBE+「天井のない監獄」

    ガザ地区はどんなところ?

  • 写真

    sippo足取りは力強く確かなものに

    3頭の盲導犬とともに歩む人生

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ