メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無痛分娩

関連キーワード

  • 無痛分娩(2019年07月09日 朝刊)

    麻酔を使い、陣痛を和らげて出産する方烹欧米では一般的で、日本でも近年選択する人が増えている。子宮の収縮や子宮口の広がりなどによる痛みを抑える一方、下半身の感覚が残るため、いきむことはできる。人手不足などから、産む日程を調整する計画分娩のために陣痛促進剤(子宮収縮薬)を使用することが多い。出産前後の管理態勢がずさんなことが事故の背景にある場合が少なくないとされる。

  • 無痛分娩(2013年12月08日 朝刊)

    脳に痛みを伝える脊髄(せきずい)の外側にある硬膜外腔(がいくう)という場所に細い管(カテーテル)を入れ、麻酔薬を投与する「硬膜外麻酔」と呼ばれる方法が主流。鎮痛効果は個人差がある。合併症が起きる副作用はまれとされている。血圧が下がったり、鉗子(かんし)や吸引を使うお産が増えたりすることがある。

  • 無痛分娩(ぶんべん)(2017年07月12日 朝刊)

    妊婦の陣痛などを麻酔で和らげ出産する方烹脊髄(せきずい)を保護している「硬膜」の外側に細い管を入れ、麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」という方法が主流になっている。痛みを抑えることに加え、お産による疲労が減って産後の育児や職場復帰がしやすいというメリットがある。

最新ニュース

無痛分娩で障害、賠償命令(2021/3/27)会員記事

 出産の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)で適切な処置をしなかったため、母子が重い障害を負ったとして、京都市の夫らが京都府京田辺市の「ふるき産婦人科」(休止)に計約6億4千万円の損害賠償を求めた…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】デジタル技術ふんだんに

    新型Sクラスに試乗

  • 写真

    【&TRAVEL】深大寺そばの地にお城が!

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】キャンプにも災害時にも活用

    重宝するコンパクトライト

  • 写真

    【&w】仕事を休んでもいいですか?

    相棒と私 松山ケンイチさん

  • 写真

    好書好日「2021年本屋大賞」が決定

    DVや児童虐待を浮き彫りに

  • 写真

    論座勉強向きはデジタル?紙?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジャケパンのコツとは?

    知っておきたいマナーを解説

  • 写真

    Aging Gracefullyお守りコスメでトラブルケア

    老けさせないケアを

  • 写真

    GLOBE+「愛の不時着」どこで撮影?

    あの名場面、現場を訪ねたら…

  • 写真

    sippoシニア猫のもとに新入り猫

    我が家ではうれしい変化が!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ