メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無農薬

関連キーワード

  • 合鴨水稲同時作(2009年04月14日 朝刊)

    水田でアイガモも育てる意味で、古野さんが名づけた農烹雑草や虫を食べたカモが食肉になり、フンが稲の養分になる。水田でアヒル類を放し飼いする農業はアジア各地にあったが、農薬や化学肥料の普及で激減。その後、日本の農家がカモの除草効果を利用したコメの無農薬栽培を始めた。古野さんは水田をさくで囲むことで効果が高まることを実証し、ノウハウを広めている。

  • 南北問題とフェアトレード(2010年02月02日 夕刊)

    安い労働力で生産する途上国(南)と、利益を得て消費する先進国(北)の経済格差が「南北問題」。フェアトレードは、無農薬のコーヒー豆やカカオなど良質な原料を途上国で生産し、先進国の消費者は品質や労力に見合った適正な価格で購入する取り組み。南北問題の解消へ、途上国の生産者が貧困から抜け出せるよう支援する狙いがある。

  • コウノトリ育む農法(2013年12月03日 朝刊)

    無農薬、または慣行栽培より農薬の使用を75%以上削減し、化学肥料は一切使わない。コウノトリのえさとなるカエルやドジョウなど、たくさんの生き物を育むため、冬の間や田植えの1カ月前から田んぼに水を張る冬期湛水・早期湛水のほか、雑草を抑えるために深めに水を張る深水管理をしている。

最新ニュース

写真・図版

長崎で被爆した「原爆稲」 栃木の農家が引き寄せられたのは(2022/8/9)

 1945年8月9日、長崎市で被爆した稲の子孫「原爆稲」が、栃木県上三川町の水田で育てられている。食べるためではない。77年たった今も放射能の影響が残る事実を後世につなぐため、農家の上野長一さん(70…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】立佞武多と太宰治の五所川原

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&w】ヒールと口紅を欠かさない母

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】寝ても覚めてもトロピカル

    クルーズへの招待状 ハワイ

  • 写真

    【&M】トンカ豆のビシソワーズ

    「好き」の先にある新たな出会い

  • 写真

    【&w】“美術館”のあかりをおうちで

    スマート照明プレゼント<PR>

  • 写真

    好書好日「カリブ海の天国」なのか

    ホンジュラスの光と影

  • 写真

    論座カルトの献金強要と既成宗教

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンガーデンガストロノミー開催 

    メゾンが提案する価値の本質

  • 写真

    Aging Gracefully“最高の眠り”を求めて

    睡眠の質を向上するアイテム

  • 写真

    GLOBE+眉毛整えもブラ着用も禁止

    子どもを管理対象とみなす日本

  • 写真

    sippo24年ぶりの猫との暮らし

    仲良しの白黒猫2匹を迎えた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ