メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

焼酎

最新ニュース

写真・図版

「現場の声を聞け」権力欲だらけの韓国政治、血の涙流す庶民の叫び声(2021/12/4)有料会員記事

 ソウル中心部・鐘路(チョンノ)の商店街「セウン商街」は1980年代までの高度経済成長期に電子製品の卸・小売りをする店が集まってできました。日本でも人気だったネットフリックスの韓国ドラマ「ヴィンチェン…[続きを読む]

関連キーワード

  • 焼酎の種類(2010年05月02日 朝刊)

    キンミヤなどの「甲類焼酎」は、サトウキビなどを原料にした糖蜜を繰り返し蒸留してアルコールの純度を高め、原料の風味を取り除いたもの。酎ハイなどに使われる。蒸留器を連続稼働させることで低コストでの大量生産ができる。これに対して、「本格焼酎」(乙類焼酎)は、原料の芋や麦の風味を残すため、蒸留回数を1回にとどめる。

  • 本格焼酎(2011年11月25日 朝刊)

    麦や芋、米を発酵させ単式蒸留器で蒸留したもので「乙類」ともいわれる。仕込みには黒麹(こうじ)のほか白麹や黄麹が使われ、どの麹を使うかで風味も変わるとされる。糖蜜などを原料に蒸留を繰り返して純度を高めた「甲類焼酎」とは製法が違う。

  • 焼酎の輸出量(2012年09月21日 朝刊)

    財務省の貿易統計によると、輸出額は全国で15億円前後と横ばい状態が続いている。宮崎、山口、大分3県と福岡県などの一部を管内とする門司税関の輸出量は、10年に613キロリットルで、一升瓶換算で約34万本分になる。この半分ほどが宮崎県からの輸出とみられる。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】WRX S4の衝撃的な進化

    小川フミオのモーターカー

  • 写真

    【&Travel】三河島が放つ「江戸」の幻影

    ニッポン銭湯風土記 東京

  • 写真

    【&Travel】にっぽん丸30年、富士絶景

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&M】厄介なモチベーション考

    不条理とのつきあい方

  • 写真

    【&w】むっちりパンの正体は

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日小野寺史宜が描く子ども食堂

    結論出さず、人のありよう描く

  • 写真

    論座野党共闘は失敗に抱く違和感

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン大人のリンクコーデ

    やっぱりゴルフデートは楽しい

  • 写真

    Aging Gracefully小泉今日子さんの服選び

    楽しい気持ちになれる服

  • 写真

    GLOBE+ギャングが占拠したタワマン

    元「犯罪者の巣窟」を訪れたら

  • 写真

    sippo目やにだらけだった白い子猫

    奮闘するも子育ての難しさ知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ