メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熊本市中央区

関連キーワード

  • MICE施設(2014年10月28日 朝刊)

    熊本市中央区の桜町地区で進む再開発事業で建設予定の複合ビルに、市が整備する予定の大型集客施設。最大3千人を収容するメーンホールを備えている。複合ビルは、九州産交ホールディングスが現在の熊本交通センターや県民百貨店の敷地に、バスターミナルの他に商業施設やホテル、マンションなどを整備する。MICE施設は駐車場を含め地下1階〜地上7階に入る。

  • 河上彦斎(2014年08月30日 朝刊)

    1834(天保5)年、新馬借町(現在の熊本市中央区新町)に生まれる。16歳で藩主邸の掃除係になり、剣や兵学、書道を学んで才能が認められ、後に肥後細川藩主の親兵に。「人斬り彦斎」の異名をとり、1864(元治元)年に開国論を唱えていた佐久間象山を暗殺した1人。明治維新後、謀反の容疑をかけられて38歳で処刑された。

  • 桜町再開発事業でのMICE施設計画(2014年11月07日 朝刊)

    熊本市中央区の桜町地区で進む再開発事業で建設予定の複合ビルに、市が整備する予定の大型集客施設。最大3千人を収容するメーンホールを備えている。複合ビルは、九州産交ホールディングスが現在の熊本交通センターや県民百貨店の敷地に、バスターミナルの他に商業施設やホテル、マンションなどを整備する。市は事業費に289億円、維持費や改修費積立金に毎年8億5900万円かかるとしている。MICE施設は駐車場を含め地下1階〜地上7階に入る予定。

最新ニュース

写真・図版

熊本)海の様々な景色 中村征夫さん・卓哉さんの写真展(2019/9/21)

 水中写真家の中村征夫さん(74)と、息子の卓哉さん(44)の作品約260点を展示する「永遠の海・海中2万7000時間の旅」が、熊本市中央区の県立美術館で21日から始まる。 征夫さんは、50年以上にわ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ