メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

爆心地

関連キーワード

  • 被爆樹木(2015年12月20日 朝刊)

    広島市によると、爆心地から約2キロ以内で、被爆しながらも生き延びた樹木は、56カ所に残っている。所有者が手入れをしているが、市も樹勢回復のため、年に1〜2カ所、樹木医が診断し、必要な措置をとっている。

  • 原爆症認定の新旧基準と集団訴訟(2008年08月04日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発病するか治癒能力が低下した(放射線起因性)、医療が必要な状態にある(要医療性)の2要件を満たす人に対し厚生労働相が認定する。月額約13万7千円の医療特別手当が支給される。厚労省は従来、爆心地からの距離を基に被爆者が浴びた放射線量(被曝線量)を算出、年齢なども加味して発病に影響した「原因確率」を導き出し、10%以上であれば事実上機械的に認定していた。4月からの新基準では、がん、白血病、心筋梗塞(こうそく)などの5疾病のいずれかを発症し、被爆状況が一定の条件を満たせば自動的に認める「積極認定」とした。あてはまらない人は既往症や生活歴なども考慮し、個別に「総合判断」する。一方、認定申請を却下された被爆者305人が03年から処分取り消しを求めて全国17地裁に提訴。国は10連敗中。

  • 原爆症認定の新旧基準(2008年10月13日 朝刊)

    原爆症は、原爆の放射線が原因で発症した病気やけがで、治療が必要な人を厚労相が認定し、月額約13万7千円の医療特別手当を給付する。従来は、爆心地からの距離を元に、被爆者が浴びた放射線量を算出、年齢なども加味して発病に影響した確率を導いて機械的に認定していた。被爆者の実態に沿うために4月から始まった新基準では、爆心地から3.5キロ以内で直接被爆▽原爆投下から100時間以内に爆心地から2キロ以内に入市、または2キロ内に1週間滞在するのいずれかの条件を満たし、5疾病(がん、白血病、副甲状腺機能高進症、放射線白内障、心筋梗塞)を発症した人を「積極認定」とした。

最新ニュース

写真・図版

オンラインで被爆証言、継承と核廃絶を訴える(2021/6/20)

 千葉県原爆被爆者友愛会の児玉三智子会長(83)が19日、オンライン上で被爆証言をした。生活協同組合パルシステム千葉(船橋市)の平和に関する取り組みの一環。被爆者の高齢化に伴い、生の証言が聞けなくなっ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】サンダルで軽やかに

    店で

  • 写真

    【&M】「まめ夫」の攻めた主題歌

    なぜ広く支持された?

  • 写真

    【&Travel】家で「ケバブ」をつくる

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】「電話持って行きたくない」

    探検家・角幡唯介さんの信条

  • 写真

    【&w】気軽に読めて、心が軽くなる

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日光浦靖子さんが留学する理由

    語学学校に偽名で通ったけれど

  • 写真

    論座アルツハイマー薬承認に抗議

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンエーグルのTシャツ

    サステイナブルなTシャツ

  • 写真

    Aging Gracefullyペタンとした髪を救済

    ヘアケアで理想のスタイルに

  • 写真

    GLOBE+ベトナム「億万長者の町」

    仕送りで建つ豪邸

  • 写真

    sippoワクチンさえ受けていれば

    愛猫が猫伝染性鼻気管炎に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ