メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特別養子縁組

関連キーワード

  • 特別養子縁組(2019年01月30日 朝刊)

    経済的な事情や虐待などを理由に、生みの親の元で暮らせない子どもと、血縁のない夫婦が法的な親子になる制度。生みの親との法的な関係が消え、戸籍上も育ての夫婦の実の子どもと同じ扱いになる点などで通常の養子縁組と異なる。

  • 特別養子縁組(2017年07月14日 朝刊)

    生みの親が育てられない子どもと、血縁関係のない夫婦が家庭裁判所の判断で法的に親子になる制度。親となる人の年齢以下であれば縁組できる普通養子縁組と違って相続などの生みの親との法的関係が消え、戸籍上も実子と同じ扱いになる。

  • 特別養子縁組のあっせん事業(2014年05月21日 朝刊)

    特別養子縁組は、生みの親が育てることが著しく難しい原則6歳未満の子どもが対象。縁組が成立すれば、戸籍に育て親の実子として記載される。2012年には計339件の特別養子縁組が成立。多くは児童相談所か民間事業者のあっせんを受けた。民間事業者は都道府県への届け出が必要で、厚労省の調べでは、社会福祉法人や宗教法人など計15事業者(11年度)。子どもを育てられない生みの親側と育て親を希望する側の双方から電話やメールで相談を受け、子どもを託す相手を決めるケースが目立つ。

最新ニュース

写真・図版

同性婚、アジアで台湾なぜ先行 「憲法判断」が追い風(2019/5/18)有料会員限定記事

 アジア初となる同性婚を認める特別法が17日、台湾の立法院(国会に相当)で可決された。同性同士の結婚が法的に認められ、男女の婚姻とほぼ同様の権利が保障される。伝統的な文化や観念の根強いアジアで台湾が先…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ