メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特別養子縁組

関連キーワード

  • 特別養子縁組(2017年09月07日 朝刊)

    実父母が育てられない原則6歳未満の子どもと、子どもが欲しい別の夫婦が縁組し、戸籍上の親子になる制度。夫婦が家庭裁判所に申し立て、6カ月以上の試験養育期間後、家裁の審判で成立する。実父母は親権を失う。2015年までの10年間で3804件成立した。

  • 特別養子縁組(2017年07月14日 朝刊)

    生みの親が育てられない子どもと、血縁関係のない夫婦が家庭裁判所の判断で法的に親子になる制度。親となる人の年齢以下であれば縁組できる普通養子縁組と違って相続などの生みの親との法的関係が消え、戸籍上も実子と同じ扱いになる。

  • 特別養子縁組のあっせん事業(2014年05月21日 朝刊)

    特別養子縁組は、生みの親が育てることが著しく難しい原則6歳未満の子どもが対象。縁組が成立すれば、戸籍に育て親の実子として記載される。2012年には計339件の特別養子縁組が成立。多くは児童相談所か民間事業者のあっせんを受けた。民間事業者は都道府県への届け出が必要で、厚労省の調べでは、社会福祉法人や宗教法人など計15事業者(11年度)。子どもを育てられない生みの親側と育て親を希望する側の双方から電話やメールで相談を受け、子どもを託す相手を決めるケースが目立つ。

最新ニュース

写真・図版

「元カレの子を妊娠・性的暴行…」養子縁組の相談受ける(2018/8/13)

■ひと 小川多鶴さん 「どうしていいか、わからない」「育てたくない」。そんなメールがよく届く。元交際相手の子を妊娠した女性、性的暴行の被害者、風俗店で働く女性……。相談者に会いに行き、耳を傾け、あらゆ…[続きを読む]

写真

  • 小川多鶴さん
  • 小川多鶴さん
  • 小川多鶴さん
  • インタビューに答える映画監督の小澤雅人さん=鬼室黎撮影
  • インタビューに答える映画監督の小澤雅人さん=鬼室黎撮影
  • 生後すぐの男の子を特別養子縁組で迎えた。女性は「幸せをもらっている」と話す=2017年7月、仙波理撮影
  • 大学に進学し一人暮らしだが、頻繁に家族とは連絡をとっている。「縁組後は自然体で人生を歩んでいる感じがします」と話す女性
  • 朝日デジタルのフォーラムアンケート
  • 朝日新聞デジタルのアンケート
  • 野田聖子総務相
  • 記者会見する慈恵病院の蓮田太二理事長(左)と蓮田健副院長(右)=2018年5月10日、熊本市西区
  • 慈恵病院がめざす「内密出産」の仕組み
  • 捨てられて死亡する赤ちゃんと母親をどうすれば救えるのか。通訳を交え、国を超えた活発な議論が交わされた=熊本市、大久保真紀撮影
  • 捨てられて死亡する赤ちゃんと母親をどうすれば救えるのか。通訳を交え、国を超えた活発な議論が交わされた=熊本市、大久保真紀撮影
  • 瀬奈さん(右)と千田さん。迎えた赤ちゃんのお宮参りに行った(瀬奈さん提供)
!

アプリをバージョンアップしました

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ