メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特措法

関連キーワード

  • 放射性物質汚染対処特措法(2013年03月22日 朝刊)

    東電福島第一原発事故による放射性物質の汚染地域の除染作業に関する手続きを定めた。東電の負担義務を明記し、「費用の請求があった時は速やかに支払うよう努めなければならない」と規定したが、請求範囲の詳細は定めていない。

  • 教職員給与特措法(給特法)改正案(2019年11月14日 朝刊)

    1971年成立の給特法では、教員の仕事は複雑で管理が難しいとして残業代を払わず、代わりに基本給の4%を全員に支給する仕組みになっている。今回の改正に導入されるのは「変形労働時間制」。文部科学省は、繁忙期の4、6、10、11月に勤務時間の上限を週3時間増やす代わりに、夏休み期間中に休みを固め取りする、といった働き方ができると想定している。

  • インド洋での給油活動(2008年10月19日 朝刊)

    01年9月の米同時多発テロを受け、翌月成立したテロ対策特措法に基づき、海上自衛隊がインド洋で米英などの艦船に対して給油を行った。同法は07年11月に期限が切れたが、08年1月に補給支援特措法が成立し、給油が再開された。防衛省によると、12カ国に対し、01年12月〜08年9月に計847回実施され、計約49万9500キロリットル(計235億5千万円相当)の燃料を補給してきた。

最新ニュース

写真・図版

核なき世界は近づいている? 被爆者の半数以上が否定的(2020/8/2)会員記事

 広島と長崎に原爆が投下されてから、この夏で75年になります。朝日新聞は被爆60年にあたる2005年から今年まで5年ごとに、被爆者の方々にアンケートを依頼し、体験や思いを記事にしてきました。過去4回の…[続きを読む]

特措法をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ