メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

狂犬病予防法

関連キーワード

  • 狂犬病予防法(2017年07月31日 朝刊)

    1950年に施行され、飼い犬の登録や予防注射を義務づけている。登録しなかったり予防注射を受けなかったりすると、20万円以下の罰金が科される。警察庁によると2016年、同法違反事件の検挙数は223件だった。ただし、犬の国内飼育数(ペットフード協会推計)と比べると登録率は6割程度にとどまり、登録犬のうち予防注射をしている割合も7割程度(厚労省調べ)に低迷している。

  • 狂犬病予防法(2010年09月15日 夕刊)

    生後91日以上の犬を取得・飼育する場合は、30日以内に犬の登録を市町村長に申請しなければならないと規定。年1回の狂犬病の予防注射も義務づけている。違反した場合は20万円以下の罰金が科せられる。

  • 狂犬病予防法(2017年07月31日 朝刊)

    1950年に施行され、飼い犬の登録や予防注射を義務づけている。登録しなかったり予防注射を受けなかったりすると、20万円以下の罰金が科される。警察庁によると2016年、同法違反事件の検挙数は223件だった。ただし、犬の国内飼育数(ペットフード協会推計)と比べると登録率は6割程度にとどまり、登録犬のうち予防注射をしている割合も7割程度(厚労省調べ)に低迷している。

最新ニュース

写真・図版

犬猫の販売85万匹の影に 業者登録、本人確認すらせず(2019/1/27)

 ペットショップなどで販売される犬や猫の数が2017年度、のべ85万匹を超えました。犬猫の大量生産、大量販売が続いていますが、一方で現行の繁殖・販売業者の登録制度は事実上、「誰でもできる」状況です。朝…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ