メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

環境アセスメント

関連キーワード

  • 環境アセスメント(2018年03月29日 朝刊)

    開発事業が環境に与える影響を、事業者が自ら調査し、結果を公表する制度。自治体や一般住民の意見を採り入れながら、調査結果を事業に反映していくことが求められる。日本では、1997年に環境影響評価(環境アセスメント)法が制定された。道路、ダム、発電所など13種類の事業を対象としていて、2012年には風力発電事業が対象に追加された。太陽光発電事業については現在、同法の対象外となっている。

  • 環境アセスメント(2012年02月25日 夕刊)

    道路や鉄道、発電所など大規模な建設工事の前に、事業者が周囲の環境にもたらす影響を予測・評価し、国や県などの開発許可を受ける制度。1997年に制定された環境影響評価法で、工事規模などに応じて実施が義務づけられている。

  • 環境影響評価(環境アセスメント(2011年11月30日 朝刊)

    環境影響評価法に基づいて、道路建設や埋め立てなどの事業が環境に悪影響を及ぼさないかを調べる制度。住民や自治体の意見も聴いて環境影響評価をまとめ、評価結果は事業計画に反映させることが定められている。米軍普天間飛行場の移設では防衛省が評価書を提出する。沖縄県知事は埋め立て部分は90日以内、飛行場は45日以内に意見を提出。防衛省は必要に応じて内容を修正して評価書を確定させて公表。1カ月間の縦覧期間が終われば、国が着工に向けた埋め立て許可を知事に申請することが可能になる。

最新ニュース

長野)霧ケ峰メガソーラー中止 事業者が地権者側に説明(2020/6/19)会員記事

 諏訪市の霧ケ峰山域で進んでいた県内最大のメガソーラー計画の中止が決まった。18日夜、事業者の「Looop」(本社・東京、中村創一郎社長)が地元で地権者への説明会を開いて明らかにした。売電価格の低下に…[続きを読む]

環境アセスメントをコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ