メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

環境破壊

関連キーワード

  • サハリンの資源開発(2008年10月10日 朝刊)

    90年代のエリツィン政権下での鉱区の民間開放の後、外資主導で開発が進んだ。このうち先行する「サハリン1」「サハリン2」には日本の商社も出資する。「1」は06年10月から石油輸出を始めているが、ガス販売は未定。同州の資源開発をめぐっては環境破壊を懸念する声や収益のほとんどが中央政府に入り、地元には少ないといった批判もある。

  • イラワジ川(2011年10月01日 朝刊)

    ミャンマー名はエーヤワディー川。ミャンマーを南北に貫き、流域面積41万平方キロに達する国内最大の大河。漁業や水運が盛んで、下流のイラワジデルタは豊かな稲作地帯。国民民主連盟(NLD)はダムによる環境破壊を指摘、計画の再考を求めている。

  • 論文日本の自殺の要旨(2012年01月10日 朝刊)

    日本は古代ギリシャやローマ帝国が欲望の肥大化による退廃で崩壊したのと同じ道を歩んでいる。国鉄(現JR)労組の荒廃、母親の子捨てや子殺し多発はその予兆だ。人気とりの福祉や減税競争は赤字を増やし、人間の自律精神を失わせる。豊かさの代償は資源枯渇と環境破壊、使い捨ての生活様式、判断力の衰弱など。権利の主張と悪平等をイデオロギーとする疑似民主主義は衆愚政治を招く。歴史に学んでエゴを自制し、自立の精神を育て、大衆迎合から決別しなければならない。

最新ニュース

写真・図版

SDGs、世界の実態は 映画「グリーン・ライ~エコの嘘~」(2020/4/2)有料記事

 身の回りには、環境に優しくてSDGs(持続的な開発目標)に配慮した商品があふれている。でも、それを買って本当に地球を救えるのだろうか? ヴェルナー・ブーテ監督は世界一周航空券を買って実態を見に行く。…[続きを読む]

環境破壊をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】人生変えた初めての海外旅行

    写真家・三井昌志さん

  • 写真

    【&TRAVEL】核シェルターが観光名所?!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】多才な監督と豪華キャスト

    スターの光と影を描く2作品

  • 写真

    【&w】シャツ一枚でもおしゃれに

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日和田誠さんに学んだ仕事術

    一人で出版社・島田潤一郎さん

  • 写真

    論座コロナ危機高める専門家信仰

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマン世論調査

    時差出勤の影響を感じますか?

  • 写真

    T JAPAN夏木マリが語る、人生の転機

    仕事、仲間、そして愛の話

  • 写真

    GLOBE+シリコンバレーの学校閉鎖

    デジタルネイティブの対応力

  • 写真

    sippoかゆみも続けば要注意

    犬の“事件”に役立つ応急処置

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ