メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

環境破壊

関連キーワード

  • サハリンの資源開発(2008年10月10日 朝刊)

    90年代のエリツィン政権下での鉱区の民間開放の後、外資主導で開発が進んだ。このうち先行する「サハリン1」「サハリン2」には日本の商社も出資する。「1」は06年10月から石油輸出を始めているが、ガス販売は未定。同州の資源開発をめぐっては環境破壊を懸念する声や収益のほとんどが中央政府に入り、地元には少ないといった批判もある。

  • イラワジ川(2011年10月01日 朝刊)

    ミャンマー名はエーヤワディー川。ミャンマーを南北に貫き、流域面積41万平方キロに達する国内最大の大河。漁業や水運が盛んで、下流のイラワジデルタは豊かな稲作地帯。国民民主連盟(NLD)はダムによる環境破壊を指摘、計画の再考を求めている。

  • 論文日本の自殺の要旨(2012年01月10日 朝刊)

    日本は古代ギリシャやローマ帝国が欲望の肥大化による退廃で崩壊したのと同じ道を歩んでいる。国鉄(現JR)労組の荒廃、母親の子捨てや子殺し多発はその予兆だ。人気とりの福祉や減税競争は赤字を増やし、人間の自律精神を失わせる。豊かさの代償は資源枯渇と環境破壊、使い捨ての生活様式、判断力の衰弱など。権利の主張と悪平等をイデオロギーとする疑似民主主義は衆愚政治を招く。歴史に学んでエゴを自制し、自立の精神を育て、大衆迎合から決別しなければならない。

最新ニュース

写真・図版

露店にバンクシー ベネチア、当局の指導受け撤去(2019/5/25)有料記事

 謎の路上アーティストとして世界的に知られるバンクシーが、イタリア・ベネチアの露店で作品を発表して、地元警察の指導で撤去された。露店の許可を得ていなかったという。バンクシーが22日、発表から撤去までが…[続きを読む]

環境破壊をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ