メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

生前贈与

関連キーワード

  • 住宅購入支援(2009年08月13日 朝刊)

    10年間で最大160万円だった住宅ローン減税を1月から、500万円(一般住宅)に拡大。また、住宅取得目的の贈与に限り、非課税枠を現行の110万円から610万円に引き上げたほか、住宅金融支援機構の長期固定型住宅ローン「フラット35」の融資上限額を9割から10割にして頭金を不要にした。過去最大規模の優遇策とされる。購入から10年後のローン残高が5千万円以上で、親から生前贈与を受けられる人が最もメリットがあり、「金持ち優遇」の批判もある。

  • 遺産分割(2016年12月20日 朝刊)

    遺産は相続人同士の話し合いや家裁での「調停」で配分を決めるが、まとまらなければ家裁が「審判」で公平な分配をはかる。相続人の一部が生前贈与を受けていた場合は、他の遺産の受け取り分が減る。不動産、株式などは審判で扱う対象となるが、従来の判例では預貯金は対象にならないとされてきた。審判前でも民法が定める配分比率(法定相続分)に応じ、それぞれの相続人のものになってきた。

最新ニュース

9月発売!相続のどこが変わる? 知らないうちに 「相続弱者」にならないために。(2018/9/18)

約40年ぶりに民法が改正され、相続法が2020年7月までに順次変わります。配偶者居住権が創設されたり、自筆証書遺言の書き方が変わったり、知らないと後悔する最新情報をまとめた『図解わかる相続・相続税』が…[続きを読む]

注目コンテンツ