メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

生活の質

関連キーワード

  • 緩和ケア認定看護師(2010年04月11日 朝刊)

    がんの痛みなど苦痛症状の緩和、患者・家族の生活の質(QOL)の向上、悲嘆に寄り添う「グリーフケア」について、水準の高い看護ができると認定された看護師。実務経験を経た上で、通常6カ月間の認定看護師教育課程を修了し、日本看護協会の認定審査に合格しなければならない。1日現在、県内では6人が登録している。

  • 緩和医療(2010年12月21日 朝刊)

    患者や家族が抱える体や心の苦痛を取り除く医療。病気の進行に伴い起こるさまざまな身体的な痛みや苦しみ、倦怠(けんたい)感などを和らげる治療を行うほか、精神科医らが抑うつ状態にある患者の話を聞くなど、生活の質を改善することを目指している。

  • テロメライシン(2019年01月20日 朝刊)

    多くのがん細胞で活発に働くテロメラーゼというたんぱく質を標的にしたウイルス製剤。がん細胞に感染するとテロメライシンが爆発的に増殖して細胞を破壊するが、正常細胞では感染しても増殖しないという特性を利用している。ステージ1〜3の食道がんは、手術が標準治療となっている。手術に耐える体力がない高齢者や持病の関係で手術ができない人は、次善の化学療法や放射線治療を受けることになる。今回の岡山大の臨床研究は、放射線治療にテロメライシンを加えることで、放射線治療の効果を積み増せる可能性を示した。治療後の追跡期間は最長の人で3年10カ月なので、それ以降の再発の有無は分からないし、手術より優位な効果とも言えない。しかし、手術不能な高齢患者にとって、口から食べる楽しみや声を出して会話できる喜びなど、人生の残された期間の「生活の質」を高めることができれば、がんと闘う選択肢の一つとして期待できるだろう。

最新ニュース

写真・図版

赤身、あぶり…マグロに勝算あり 三重・伊勢志摩の食堂、全国目指す(2021/12/6)会員記事

 三重県南伊勢町が出資する水産加工会社が、町内で食堂「伊勢志摩まぐろ食堂」を開業した。「コロナ後」を見据え、観光の目玉にしようと、人気のマグロを料理の柱にしている。将来は全国にフランチャイズ(FC)店…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】明かりが揺らめくランタン

    20名様にプレゼント

  • 写真

    【&Travel】にっぽん丸30年、富士絶景

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&Travel】ラップランドの冬の風景

    フィンランドを旅して

  • 写真

    【&M】AWA2021で対談

    Twitter笹本氏×日産星野氏

  • 写真

    【&w】柚子香るスフレチーズケーキ

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日140字レシピができたわけ

    寿木けい「土を編む日々」

  • 写真

    論座真鍋さんは日本を支えてきた

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン気温10度に適した服装とは?

    おすすめコーディネート紹介

  • 写真

    Aging Gracefully仕事や家族、将来のこと

    何気ない日常生活の物語<PR>

  • 写真

    GLOBE+テキサス州中絶禁止法で暗雲

    おびえる保守派の政治家たち

  • 写真

    sippo仲良しな猫と子どもに憧れて

    猫をごっご遊びに巻き込んだ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ