メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

生活習慣病

関連キーワード

  • メタボ健診(2009年07月30日 朝刊)

    正式には「特定健康診査・特定保健指導」。糖尿病や高血圧症など様々な生活習慣病をもたらすとされるメタボリック症候群を早期に発見し、膨らむ国の医療費を抑えるための医療費適正化計画の一環として導入された。腹囲や身長、体重などの測定、血液検査などを実施。生活習慣病の発症リスクの高さに応じて「動機付け支援」「積極的支援」の2グループに分け、保健師や管理栄養士らが食事や運動などを指導する。

  • TFT活動(2009年12月11日 朝刊)

    発展途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に、同時に取り組む社会貢献運動。世界の食の不均衡を解消するために07年秋、日本で生まれた。対象となる定食や食品を買うと、1食あたり20円が開発途上国(ウガンダ、ルワンダ、マラウイ)の子どもたちの給食費として寄付される。20円は開発途上国での給食1食分。現在、企業や大学、病院の食堂のほか、カフェ、コンビニなど全国200団体以上が参加している。

  • 特定健診(2010年07月27日 夕刊)

    生活習慣病予防のために2008年度から始まった。市町村の国民健康保険や健保組合などが実施する。心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞などのリスクが高まるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目しているため「メタボ健診」とも呼ばれる。腹囲、血糖、脂質、血圧の健診結果をもとに、高リスクの人は食事や運動などの特定保健指導を受ける。腹囲は男性85センチ以上、女性90センチ以上が指導対象だが、この基準などをめぐって見直し論議が起きている。

最新ニュース

写真・図版

(けいざい+)予防医療:2 「皆保険は沈没」断じた経産官僚(2019/4/24)有料記事

 昨年6月、経済産業省のキャリア官僚、江崎禎英(えさきよしひで)(1989年入省)は、厚生労働相の加藤勝信(現・自民党総務会長)を訪ねた。 目的は、自著「社会は変えられる 世界が憧れる日本へ」の説明だ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    圧巻のロックアート

  • 写真

    【&TRAVEL】大型10連休の渋滞傾向は?

    渋滞予測のプロに聞いた

  • 写真

    【&M】全国の郷土料理をランチで

    d47食堂(東京・渋谷)

  • 写真

    【&w】ついにオオゼキ様からご招待

    クリトモのさかな道

  • 写真

    好書好日働く人だけが「社会人」?

    山崎ナオコーラさんの問いかけ

  • 写真

    論座北朝鮮はポンペオを嫌った

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバナリパの春の休日スタイル

    大盛況のイベント風景を紹介

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第5回

    イングリッシュ・サマーの旅

  • 写真

    GLOBE+黒人で、女性。二重の壁

    南アフリカのワイン醸造家

  • 写真

    sippo保護された元繁殖犬

    初めて人のぬくもりを知る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ