メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

生物多様性

生物多様性

注目の記事

最新ニュース

写真・図版

2.5mのヨコヅナイワシ、ほかの魚にガオー 深海の硬骨魚で最大か(2022/7/1)

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)などの研究チームは、駿河湾沖の水深2千メートル超の海底で、体長約2・5メートルの深海魚「ヨコヅナイワシ」の撮影に成功したと発表した。水深2千メートル超に生息する深海…[続きを読む]

関連キーワード

  • 生物多様性(2016年10月27日 朝刊)

    約3千万種とも言われる地球上の生物は、互いに結びついてバランスを保っている。人類もこの地球の生態系の一員だ。そうした種の多様さや、それらが食べ物や薬といった人々の暮らしにもたらす恵みを「生物多様性」と呼ぶ。ただ、世界的な人口増加や開発などで、ここ数百年で生物の絶滅速度は1千倍に加速したともいわれる。生物が生きる環境が悪化し、生態系の破壊に対する懸念が深刻になるなか、1992年に生物多様性条約が採択された。現在、米国を除く194カ国が参加し、取り組みを強化している。

  • 生物多様性条約(2010年10月30日 朝刊)

    193カ国・地域が加盟。目的として(1)生態系の保全(2)持続可能な利用(3)遺伝資源の利益配分を掲げる。名古屋議定書は(3)の目的を実現する仕組み。この利益配分の仕組みづくりを嫌って、米国は条約に参加していない。

  • 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)(2009年04月27日 朝刊)

    生物多様性条約の締約国が集まる10回目の会議で、10年に名古屋市で開かれ、約190カ国から約7千人が参加予定。02年に採択された「多様性の損失速度を10年までに顕著に減少させる」という目標の達成状況の検証と10年以降の取り組み、遺伝資源の取得と利益配分(ABS)のルール作りがおもな議題。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「嫌なことは嫌だと言っていい」

    性教育YouTuberシオリーヌさん<PR>

  • 写真

    【&M】カレー好きが集まる「名店」

    口福のカレー 千葉市・検見川

  • 写真

    【&Travel】東京の「いま」を安心して

    旅してみませんか<PR>

  • 写真

    【&M】下北沢×鯛茶漬け

    料理が好きなおばあちゃんの味

  • 写真

    【&w】仏料理シェフのパン焼き小屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日性奴隷売買の闇に迫る

    潜入取材と証言でつづる

  • 写真

    論座五輪組織委サイトの保存は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンメンズコスメを上手に使う。

    目の下のたるみ、クマを隠す

  • 写真

    Aging Gracefully「推し活」で楽しい日々を

    「推し活」が心の栄養に

  • 写真

    GLOBE+飛行機で300キロ先へも

    アラスカのフードデリバリー

  • 写真

    sippoペットの死を尊重した別れ

    家族も一緒にエンゼルケア

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ