メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

甲状腺検査

関連キーワード

  • 福島県の子どもの甲状腺検査(2015年11月19日 朝刊)

    福島県が2011年10月から取り組む。対象は原発事故当時におおむね18歳以下の県民約37万人。昨春からの2巡目では事故後に生まれた乳幼児も加え約38万人となった。超音波でのどに結節(しこり)や嚢胞(のうほう=体液の入った袋状のもの)がないか調べ、一定の大きさ以上が見つかれば精密検査に進む。今年6月末までに138人が「がんまたはがんの疑い」と診断され、手術を受けた105人中、104人ががんと確定した。県は長期にわたって検査を続ける計画。しかし、受診率は1巡目の82%と比べ、2巡目の昨年度実施分は69%に下がった。事故で県民が全国に避難していることなどが背景にある。

  • 甲状腺がん(2015年06月07日 朝刊)

    甲状腺はのど仏に続く気管を取り巻くようにあり、しこりが見つかればがんの可能性があると診断される。広島と長崎の被爆者には、現在も甲状腺がんやその転移に苦しむ人がいる。チェルノブイリ原発事故(1986年)では、3〜4年後から周辺住民に甲状腺がん患者が増えたとされる。東京電力福島第一原発の事故後、福島県は当時18歳以下の約38万5千人を対象に甲状腺検査を実施。県の担当課によると、これまでに計103人が甲状腺がんと確定診断された。県検討委員会は「現時点で事故の影響は考えにくい」としている。

最新ニュース

写真・図版

市議に初当選した「いち主婦」  情報公開請求5万枚が物語る理不尽(2022/6/2)

 選挙事務所として使っていた築50年ほどの古いアパートの一室。壁にかかった選挙公報には朱色のはなまるが描かれていた。 島明美さん(52)は4月、福島県伊達市議選で1103票を得て初当選した。「まわりか…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】新型「ポロ」に試乗

    使い勝手の良さと力強い走り

  • 写真

    【&Travel】レトロ銭湯再生、挑む若者

    ニッポン銭湯風土記 京都

  • 写真

    【&Travel】「東洋のドーバー」白い断崖

    楽園ビーチ探訪 北海道

  • 写真

    【&M】歌詞を自分流にカスタマイズ

    『マサキじゃないけど好き』

  • 写真

    【&w】あやめと名付けてくれた父へ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日大人が読みたい「絵本の本」

    「てぶくろ」の時代背景は

  • 写真

    論座未来を選ぶチェックリスト

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン会社でスクワットをやる理由

    就業開始の一発で1日快適!

  • 写真

    Aging GracefullyLiLiCoさんインタビュー

    Aging Gracefullyアンバサダー

  • 写真

    GLOBE+中国が「反対」伝えたか

    北朝鮮核実験、それでも強行?

  • 写真

    sippo爆弾娘だったボストンテリア

    今は太陽のような存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ