メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

町内会・自治会

関連キーワード

  • 町内会の解散・休止(2014年07月18日 夕刊)

    宮城県の沿岸市町では震災後、100近い自治会や町内会、行政区が、解散や休止状態になった。津波で浸水して移転する集落のほか、人口の急減で他の地域と合併する例もある。一方、仮設住宅団地の多くで新たな自治会ができている。今後は集団移転先でも組織されることになる。

  • プランゲ文庫(2015年08月24日 朝刊)

    連合国軍総司令部(GHQ)の民間検閲局は1945年から4年間、日本で出版された新聞、雑誌、書籍から町内会誌や社内報にいたるまで全ての出版物を検閲。GHQに勤務していたプランゲ博士は一部を米国に持ち帰り、メリーランド大学が「プランゲ文庫」と名づけ、約60万ページ分の文書を所蔵している。

  • 高知方式(2009年06月05日 朝刊)

    76年7月に高知市が始めた家庭ごみのうちの資源・不燃物ごみの収集方烹町内会や衛生組合などが組織する登録団体が市内約1200カ所にある「資源・不燃物集積所」の管理や分別を担う。資源化による利益の一部は「分別支援金」として各団体に還元される。この方式により、高知市は中間処理施設が不要になっている。市民1人当たりのごみの排出量が全国市区町村の平均とほぼ同じにもかかわらず、1人当たりの年間処理経費は06年度で全国平均(1万3180円)の約7割(9540円)に抑えられている。

最新ニュース

写真・図版

野菜づくりで交流 外国人実習生と、伊万里・黒川町(2021/5/13)

 佐賀県伊万里市黒川町で、地域に多いインドネシア人の技能実習生らと地元の人たちが、野菜づくりを通して交流を始めた。将来は「料理教室を開こう」「サッカーの試合をしよう」と新たな交流の構想が膨らんでいる。…[続きを読む]

PR情報

論座の検索結果

PR注目情報

注目コンテンツ