メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

登録有形文化財

関連キーワード

  • 登録有形文化財(2010年12月11日 朝刊)

    都市開発などで消滅が危ぶまれる近代建造物を守るため、1996年に設けられた文化財登録制度に基づいて登録される。築後50年以上がたち、歴史的景観や造形に優れ、再現が容易でないのが選考基準。登録されると、修理のための設計監理費の補助や減税の措置が受けられる。厳しい規制がある指定文化財と違い、外観を大きく変えなければ改修や改装も認められる。

  • 国の登録有形文化財(2012年05月24日 朝刊)

    都市化とともに歴史のある建築物が消滅するのを防ぐ目的で1996年に創設された。県内に129点ある。指定文化財と比べて現状変更の強い規制はない。修理費は所有者負担で、竹屋旅館の場合、土蔵の復元には2、3億円必要だったという。市文化課も「公費負担が必要な建物被害は多く、そこまで手を広げられない」との対応だった。

  • 国の登録有形文化財(建造物)(2012年10月25日 朝刊)

    登録数は47都道府県で8992件。原則築50年を過ぎ、(1)地域の歴史的景観に貢献(2)時代の特色を表した造形(3)再現が困難、のいずれかが基準。立川市では中野家住宅(柏町3丁目)も登録されている。国の重要文化財と比べ基準や規制は緩い。内装改修や一部の外観変更に届け出はいらない一方、国の補助は保存や修理の設計監理費の半分で、維持費に悩む所有者も少なくない。取り壊しの届け出を受けても、文化庁は保存の勧告までしかできない。

最新ニュース

写真・図版

豪雨被災の熊本・くま川鉄道 一部区間で運行再開(2021/11/28)

 熊本県南部を中心とした昨年7月の記録的豪雨で被災し、全線運休が続いていた、くま川鉄道(本社・熊本県人吉市)が28日、一部区間で運行を再開した。終点の湯前駅(湯前町)で記念式典があり、午前10時50分…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】白砂青松へいざなう鏡の廊下

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&w】極薄カシミヤに包まれる幸せ

    MONOCOとお買い物〈PR〉

  • 写真

    【&Travel】絶景・天橋立「股のぞき」

    楽園ビーチ探訪 京都

  • 写真

    【&M】絶品ダルバート、おしゃれに

    口福のカレー ネパール料理

  • 写真

    【&w】坂ノ途中「旬の有機野菜セット」

    プレゼント

  • 写真

    好書好日女性5人の火の鳥句会に参加

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座わたしが入管を書いたわけ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン人気シリーズ第四弾公開!

    選ぶべき腕時計を教えます

  • 写真

    Aging Gracefullyお洒落な暮らしの新基準

    ファッションや美容もサステナ

  • 写真

    GLOBE+「男性の育休」7つの誤解

    ジェンダー平等とその先へ

  • 写真

    sippo最期までペットと生きるには

    ペットのための生前対策を探る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ