メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

百条委員会

 自治体の事務に関して疑惑や不祥事があった際、事実関係を調査するため、地方自治法100条に基づいて地方議会が設置する特別委員会。関係者の出頭や証言、記録提出を求めることができるなど強い調査権限を持つ。虚偽の証言をした場合は5年以下の禁錮刑、正当な理由がないのに証言を拒否した場合などは6カ月以下の禁錮刑や10万円以下の罰金を科すことができる。

関連キーワード

  • 百条委員会(2019年01月23日 朝刊)

    地方自治法第100条に基づき、地方議会が設置し、職員や議員ら、自治体関係者が関わる疑惑や不祥事の真相を究明する。強い権限を持ち、調査対象の関係者に出頭を求めて聞き取りをしたり、証拠や記録の提出を要求したりすることができる。正当な理由なく証言を拒否したり、うその証言をしたりした場合は、罰金刑や禁錮刑が科せられる。

  • 百条委員会(2014年09月12日 朝刊)

    地方自治法100条に基づき、地方議会が設置する調査特別委員会。自治体の長や議員に疑惑や不祥事が生じた場合、真相を究明するために開く。関係者の出頭や証言、記録提出を請求する調査権限があり、通常の委員会よりも大きな強制力を持つ。正当な理由がなく証言を拒否したり、虚偽の証言をしたりした場合は禁錮刑や罰金刑などの罰則もある。昨年12月、医療法人徳洲会グループから東京都の猪瀬直樹知事(当時)が5千万円を受け取っていた問題で都議会は百条委の設置を決めたが、直後に知事が辞任したため見送られた。

  • 百条委員会(2017年12月26日 夕刊)

    地方自治法第100条に基づき、地方議会が設置し、自治体の長や議員の疑惑や不祥事の真相を究明する。通常の委員会よりも強い権限を持ち、調査対象の関係者に出頭を求めて聞き取りをしたり、証拠や記録の提出を要求したりすることができる。正当な理由なく証言を拒否したり、虚偽の証言をしたりした場合は、禁錮刑や罰金刑が科せられる。

最新ニュース

写真・図版

池田市長に「不信任相当」 市役所にサウナ/パワハラ 百条委(2021/4/8)会員記事

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が市役所に家庭用サウナを持ち込むなどした問題があり、市議会調査特別委員会(百条委員会)が7日、報告書案を固めた。職員へのパワハラなども認めたうえで、「市長としての資…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】忍者市で伊賀牛に舌鼓

    あの街の素顔

  • 写真

    【&TRAVEL】ドイツの魅力をお届け

    4月23日オンラインイベント

  • 写真

    【&M】ライバル企業はどこ? 

    ZOZOが答えた意外な2社

  • 写真

    【&w】手で話す人々とともに生きる

    いま会いたい! イギル・ボラ

  • 写真

    好書好日東村アキコさんの恋愛漫画

    新作はイメージ一転の「初恋」

  • 写真

    論座宮崎緑さんが活躍する理由

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンおすすめのネクタイブランド

    シーンに応じた選び方とは

  • 写真

    Aging Gracefully運動を不足解消!

    キビキビ散歩のススメ

  • 写真

    GLOBE+仮釈放を拒み続けたわけ

    68年間、獄中にいた黒人男性

  • 写真

    sippo多頭崩壊から救出のチワワ

    散歩やカフェを楽しむ日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ