メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

百条委員会

 自治体の事務に関して疑惑や不祥事があった際、事実関係を調査するため、地方自治法100条に基づいて地方議会が設置する特別委員会。関係者の出頭や証言、記録提出を求めることができるなど強い調査権限を持つ。虚偽の証言をした場合は5年以下の禁錮刑、正当な理由がないのに証言を拒否した場合などは6カ月以下の禁錮刑や10万円以下の罰金を科すことができる。

関連キーワード

  • 百条委員会(2019年01月23日 朝刊)

    地方自治法第100条に基づき、地方議会が設置し、職員や議員ら、自治体関係者が関わる疑惑や不祥事の真相を究明する。強い権限を持ち、調査対象の関係者に出頭を求めて聞き取りをしたり、証拠や記録の提出を要求したりすることができる。正当な理由なく証言を拒否したり、うその証言をしたりした場合は、罰金刑や禁錮刑が科せられる。

  • 百条委員会(2014年09月12日 朝刊)

    地方自治法100条に基づき、地方議会が設置する調査特別委員会。自治体の長や議員に疑惑や不祥事が生じた場合、真相を究明するために開く。関係者の出頭や証言、記録提出を請求する調査権限があり、通常の委員会よりも大きな強制力を持つ。正当な理由がなく証言を拒否したり、虚偽の証言をしたりした場合は禁錮刑や罰金刑などの罰則もある。昨年12月、医療法人徳洲会グループから東京都の猪瀬直樹知事(当時)が5千万円を受け取っていた問題で都議会は百条委の設置を決めたが、直後に知事が辞任したため見送られた。

  • 百条委員会(2017年12月26日 夕刊)

    地方自治法第100条に基づき、地方議会が設置し、自治体の長や議員の疑惑や不祥事の真相を究明する。通常の委員会よりも強い権限を持ち、調査対象の関係者に出頭を求めて聞き取りをしたり、証拠や記録の提出を要求したりすることができる。正当な理由なく証言を拒否したり、虚偽の証言をしたりした場合は、禁錮刑や罰金刑が科せられる。

最新ニュース

福島)塙町議会に百条委員会 町長の官製談合容疑受けて(2019/12/3)有料記事

 官製談合防止法違反の疑いで宮田秀利町長が書類送検された塙町で2日、臨時議会が開かれ、真相を究明する調査特別委員会(百条委員会)を設置する議案が賛成7、反対6の賛成多数で可決された。 捜査関係者による…[続きを読む]

百条委員会をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】葉山で北欧デザインの巨匠展

    カイ・フランク展

  • 写真

    【&TRAVEL】熱海で守り続けた、この味

    カメラと静岡さとがえり

  • 写真

    【&M】「シャイニング」の続編公開

    「ドクター・スリープ」

  • 写真

    【&w】誰も知らない都市の断面

    中野正貴 写真展「東京」

  • 写真

    好書好日ものの価値って何だろう

    ヨシタケシンスケさんが新刊

  • 写真

    論座終末期に入る安倍政権の実態

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン装いを変えれば人生も変わる

    理想の自分になるために。

  • 写真

    T JAPAN濱美奈子のハーモニー占星術

    12月のあなたの運勢は?

  • 写真

    GLOBE+NYの摩天楼をつくった職人

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo永眠した大阪大の黒猫

    学生らに愛され写真集に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ