メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

百田尚樹

関連キーワード

  • 映画永遠の0(2012年09月26日 朝刊)

    2006年に出版された、百田尚樹著の同名のベストセラーが原作。終戦から60年目の夏に、戦争を知らない孫が、零戦に乗り命を落とした祖父の足跡をたどるという物語。「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズの山崎貴監督が指揮をとり、主役が岡田准一さん、妻役に井上真央さん、孫役に三浦春馬さんといった豪華俳優陣が出演する。

  • NHK経営委員(2014年02月25日 朝刊)

    NHKの経営方針、事業計画、番組編集計画などを決める経営委員会のメンバーで、委員長を含め12人。会長の任免権限を持つ。任期は3年。NHKの名誉や信用を損なう行為は服務準則で禁じられている。安倍晋三首相は昨秋、自らに近い4人を任命。このうち作家の百田尚樹氏は東京都知事選の応援演説で「南京大虐殺はなかった」などと発言。哲学者の長谷川三千子氏は、朝日新聞東京本社で93年に拳銃自殺した新右翼活動家をたたえる追悼文を委員就任前に寄稿していた。

  • 日本国紀を巡る問題(2019年05月18日 朝刊)

    「日本通史の決定版」と銘打った作家の百田尚樹さんの著書で、昨年11月に発売され65万部のベストセラー。一方で、歴史学者の呉座勇一さんは、学会で否定されている陰謀論的な説明が混ざっていると批判。ネット上では、史実の誤りがある、他の出版物やインターネット上の百科事典「ウィキペディア」の記述と似通った文章があるが出典元の明記がないといった批判が出ていた。批判を受けた箇所の一部は、増刷時に告知なく修正されている。*MediaTimes(メディアタイムズ)

最新ニュース

写真・図版

「日本国紀」批判にどう答える 著者の百田尚樹氏に聞く(2019/5/21)有料会員限定記事

 ベストセラーとなっている「日本国紀」(百田尚樹著)をめぐり、版元である幻冬舎の見城徹社長が、本を批判した作家の津原泰水さんをツイッター上で揶揄(やゆ)し、謝罪に追い込まれた。「日本国紀」に対しては、…[続きを読む]

百田尚樹をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ