メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

益城町

関連キーワード

  • 益城町(2016年04月23日 朝刊)

    熊本県の中央部、熊本市の東隣に位置するベッドタウン。人口約3万4千人、面積は約65平方キロで、熊本空港がある。スイカ栽培が盛んで、メロンや柿も特産。化粧品「ドモホルンリンクル」で知られる再春館製薬所の本社がある。

  • 熊本地震(2017年02月17日 朝刊)

    2016年4月14日午後9時26分、熊本地方でM6.5の地震(前震)が発生し、28時間後の16日午前1時25分にはM7.3の地震(本震)が起きた。熊本県益城町で震度7が2回観測された。同県南阿蘇村では、本震に伴う土砂災害で全長約200メートルの阿蘇大橋が崩落した。震源は熊本県中部を走る布田川・日奈久(ひなぐ)両断層帯。家屋の倒壊などで亡くなった直接死は50人。避難生活による環境の変化などが原因の災害関連死は140人を超えた。熊本県で約4万棟の住宅が全半壊し、最大18万人が避難した。

  • うつくしいひと(2017年04月04日 朝刊)

    故郷熊本に戻ってきた映画監督が偶然出会った若い女性と一緒に、学生時代に好きだった女性との思い出の地を旅する短編。俳優の高良健吾さんや橋本愛さん、政治学者の姜尚中さんら熊本県出身者を起用し、すべて熊本で撮影。地震前の熊本城や通潤橋(つうじゅんきょう)、草千里ケ浜が映し出されており、震災後は全国で約170回、チャリティー上映された。続編の「うつくしいひとサバ?」は地震後の熊本が舞台。妻を病気で亡くしたフランス人男性が妻の故郷である益城町に遺骨を届けに来る。高良さんが演じる探偵らと共に益城町を巡る中で、被災した人々の様々な思いに触れていく——。

最新ニュース

写真・図版

巨大な「スーパーフラワー」、女性の仕事につなげたい(2019/8/20)有料記事

 真っ赤なバラに、あれはボタン? まるでおとぎの国にでも迷い込んだのかと思うような巨大な花。実は紙でできた装飾「スーパーフラワー」だ。この制作技術を確立した地元創業の企業や女性起業家らが、インストラク…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ