メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

相模原市

関連キーワード

  • 相模原市(1993年12月03日 朝刊)

    1954年11月20日に相模原町が市制施行して誕生した。面積は約330平方キロメートルで、県内では約437平方キロメートルの横浜市に次ぐ広さ。今年2月1日現在の人口は71万2883人で、合併した旧津久井郡4町も含めると、55年1月の8万767人と比べて9倍に増えた。この年に工場誘致条例を制定し、住居一体のまちづくりを進めて人口急増に拍車がかかった。従業員が4人以上いる市内の事業所数は、55年度に68だったのがピークだった90年度の1477を経て、07年度は1227と、当初の18倍まで伸びた。

  • 県債償還金(2008年10月01日 朝刊)

    政令指定都市へ移行する際、管理が移譲される国・県道整備のために、過去に発行した県債の残高の一部を負担することが最近では慣例となっている。特にルールはないが、政令指定都市へ移行した静岡市、浜松市、09年4月に移行予定の岡山市などでは過去7年分を負担している。相模原市の場合も過去7年分で落ち着いた。県と市の協議で、津久井地域の国・県道整備の負担金約28億円、津久井赤十字病院の建設借入金返済残額約42億円などの県独自事業計約80億円について、市が移行後に肩代わりすることなった。県側はこの点を考慮し、7年分の県債残高約330億円からこの分を差し引いた約250億円が、実際に相模原市が負担する金額となった。

  • 都市計画法と線引き(2010年03月24日 朝刊)

    秩序あるまちづくりを行えるようにするため、都市計画法では政令指定都市に、都市計画区域内を市街化区域と市街化調整区域とに区分することを義務づける。この作業が「線引き」と呼ばれ、対象部分に課税額の変更が生じる。相模原市は2007年3月までに旧津久井郡4町を編入合併した。線引き対象になるのは実施済みの旧城山町を除く、旧津久井、相模湖、藤野の3町。線引きの見直しが行われた旧市地域と同時に今年3月末から実施の予定だったが、地元の反発もあり1年延期した。

最新ニュース

写真・図版

小中学生ダンスコン東日本大会が閉幕 8チームが全国へ(2018/8/19)

 第6回全日本小中学生ダンスコンクール東日本大会(朝日新聞社主催、キユーピー協賛)が19日、東京・新宿文化センター大ホールで閉幕した。この日は小学生部門があり、ダンススクールなどのオープン参加の部に6…[続きを読む]

写真

  • 金賞を受賞した「EEKZ」=東京都新宿区の新宿文化センター、林紗記撮影
  • 関東合唱コンクールへの出場を決めた清泉女学院=2018年8月18日午後5時31分、相模原市南区
  • 金賞を受賞した「Lupinus」=東京都新宿区の新宿文化センター、林紗記撮影
  • 金賞を受賞した「VIOLET」=東京都新宿区の新宿文化センター、林紗記撮影
  • 夏休み中で、多くの子どもたちが訪れていた=2018年8月14日午後1時36分、横浜市西区、安藤仙一朗撮影
  • 国側の準備書面について会見で批判する新里宏二弁護団長=仙台市青葉区
  • 全国学力調査に臨む生徒たち=4月17日、東京都内の中学校
!

アプリをバージョンアップしました

!

Amazon Pay導入記念プレゼントキャンペーン実施中

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ