メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

相模湾

関連キーワード

  • 日航123便墜落事故(2010年08月10日 朝刊)

    1985年8月12日午後6時12分に羽田空港を離陸した大阪(伊丹)行きの日本航空のボーイング747型(ジャンボ)機が、12分後に相模湾上空で操縦不能になり、同56分に群馬県上野村の山中(御巣鷹の尾根)に墜落した。乗客509人と乗員15人のうち乗客4人を除く520人が死亡した。スペイン・カナリア諸島の空港で77年にジャンボ機同士が衝突し583人が死亡した事故に次ぐ惨事で、単独機の事故としては現在も世界最悪。国の航空事故調査委員会は87年、機体後部の圧力隔壁の亀裂が広がって破壊され、一気に噴き出した客室内の空気が尾翼などを吹き飛ばしたとする調査報告書を公表。この機体は事故の7年前に伊丹でしりもち事故を起こして隔壁を損傷しており、この際にボーイング社が行った修理が不適切だったことが破壊につながったと結論づけた。御巣鷹以降、日本の航空会社は乗客を死亡させる事故を起こしていない。

  • 定置網漁(2012年10月28日 朝刊)

    海岸から沖合に向けて張った網で沿岸に回遊する魚群を誘導し、この網とつないだ別の網に導いて捕獲する。神奈川県水産技術センター相模湾試験場によると、相模湾では江戸時代後期から行われている。漁場が沿岸で、燃料費を抑えられることなどがメリットという。

  • 真鶴町立遠藤貝類博物館(2011年11月30日 朝刊)

    昨年4月、名勝三ツ石海岸近くにオープンした。貝の収集家、遠藤晴雄氏の遺族から寄贈された4500種5万点の標本の一部を公開している。生きた化石と呼ばれる「オキナエビス」は約30種のうち27種がそろう。真鶴周辺や相模湾の貝のほか、世界一大きい巻き貝や、長い貝もある。

最新ニュース

写真・図版

コロナの「大しけ」襲った海鮮居酒屋 〆の一品発送で再起(2022/5/25)

 横浜の繁華街、関内駅近くにある居酒屋「漁師小屋」で出される新鮮な旬の魚介。多くは相模湾に面した神奈川県横須賀市の漁港、佐島と長井に揚がった地魚だ。「魚は美味(うま)いが、時化(しけ)には弱い」。悪天…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】先生の「大丈夫」に救われて

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】裏路地に、熟練スパイスの技

    口福のカレー 東京・西新宿

  • 写真

    【&Travel】大坂城の守備から対峙へ

    城旅へようこそ・伊賀上野城

  • 写真

    【&M】「そぎ落とし」のデザイン

    新型レンジローバー

  • 写真

    【&w】50歳の別居婚「第二幕」

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日鎌倉で「ショート」の技競う

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座言論の自由とヘイトスピーチ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    『令嬢アンナの真実』

  • 写真

    Aging Gracefully小顔見せアイブロウ

    自眉いかしのナチュラル仕上げ

  • 写真

    GLOBE+世界はウクライナに軍事援助

    ロシアには巨額のエネルギー代

  • 写真

    sippo飼い主不在だと猫は寂しい?

    留守番中の猫の行動を調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ