メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

相続税

関連キーワード

  • 相続税の増税(2016年12月16日 朝刊)

    2015年1月以降、基礎控除と呼ばれる非課税の枠が「5千万円+法定相続人の数×1千万円」から「3千万円+法定相続人の数×600万円」に引き下げられ、最高税率は50%から55%になった。基礎控除はバブル後、地価が下落しても据え置かれていたため、課税割合が低下した。

  • 累進課税(2009年03月09日 朝刊)

    課税対象の額が大きくなるほど、税率が高くなる仕組み。日本では所得税や相続税などでこの方式がとられている。所得に応じた税負担や、富の集中を排除することなどが目的。努力して増やした収入の多くを徴税されると、労働意欲が損なわれ、経済活動が弱まるとの指摘もある。

  • 教育資金贈与の非課税措置(2013年09月14日 朝刊)

    祖父母が30歳未満の孫に教育資金をまとめて贈る場合、孫1人あたり1500万円を上限に贈与税を非課税にする制度。余裕があるお年寄りのお金を若い世代へ回す効果が期待されている。今年4月から2015年12月末までの贈与が対象となる。入学金や授業料に充てるほか、塾や習い事の費用も500万円までは非課税となる。多額の相続税が見込まれる富裕層にとっては、資産の一部を非課税で譲渡する「節税効果」が期待できる。祖父母が孫の授業料などをその都度直接支払う場合は、これまで同様、贈与税の対象にはならない。詳細は、文部科学省のサイト(http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1332772.htm)。

最新ニュース

確定申告の前にお話ししませんか?税理士法人Soogol(スーゴル)は、2月16日(土)/3月9日(土)に東京都台東区にて【不動産】【事業】【譲渡】確定申告無料相談会を開催します(2019/2/12)

リリース発行企業:税理士法人Soogol不動産所得・事業所得・譲渡所得が発生したらまずは一度お話しませんか?税理士法人スーゴル(1969年創業 東京都台東区 代表社員税理士 森瀬博信)は、東京下町の相…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】炊飯も無水調理もおまかせ

    1台8役の使えるアイテム

  • 写真

    【&TRAVEL】旅に便利な中東系航空会社

    ちょっと上級編のひとり旅

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】たくましい巨岩と広い大地

    ノーザンテリトリーの魅力

  • 写真

    好書好日「ダルちゃんは、私」声続々

    はるな檸檬さんの大ヒット漫画

  • 写真

    WEBRONZAマッカーサーへの眼差し

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ニューヨークワインがいま熱い

  • 写真

    T JAPANこれからの日本のオペラ

    大野和士氏にインタビュー

  • 写真

    GLOBE+いまも残る「誘拐婚」

    批判受けても「伝統だ」の声

  • 写真

    sippo犬や猫の繁殖・販売の実態

    規制少なく「誰でもできる」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ