メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

真岡市

関連キーワード

  • 三つの竜巻(2012年06月05日 朝刊)

    大気の状態が非常に不安定となった5月6日、関東地方で三つの竜巻がほぼ同時に発生した。竜巻が被害をもたらした範囲は、常総市—つくば市が長さ約17キロ・幅約500メートル、筑西市—桜川市は約21キロ・幅約600メートル、栃木県真岡市—常陸大宮市は約31キロ・幅約650メートル。つくば市を襲った竜巻について気象庁は、強さを表す尺度の「藤田スケール」で上から4番目のF2(風速50〜69メートル)としたが、気象庁の検討会の委員でもある東京工芸大の田村幸雄教授(耐風工学)は「風速110メートル前後の地域があった」との試算をまとめた。

  • 真岡白玉汁事故(2016年11月25日 朝刊)

    真岡市立亀山小で2010年2月、当時7歳で1年生だった飯沼晃太君が給食に出された「白玉汁」の団子をのどに詰まらせて脳死状態になり、13年1月に10歳で死亡した。市教委が設けた第三者委員会は同年11月、「極めてまれで予測困難な異例の事故」とし、学校の対応に問題はなかったと結論づけた。一方、この事故の2年後に、栃木市の市立保育園で当時2歳の女児が白玉をのどに詰まらせて亡くなった。栃木市の事故調査委は晃太君の事故の教訓を生かせなかった情報共有の不備を指摘する報告書をまとめ、同市は事故の責任を認めた。

  • 真岡白玉団子事故(2017年02月01日 朝刊)

    真岡市立亀山小で2010年2月、当時7歳で1年生だった飯沼晃太君が給食に出された白玉汁の「白玉団子」をのどに詰まらせて脳死状態になり、13年1月に10歳で死亡した。市教委が設けた第三者委員会は同年11月、「極めてまれで予測困難な異例の事故」とし、学校の対応に問題はなかったと結論づけた。一方、この事故の2年後に、栃木市の市立保育園で当時2歳の女児が白玉をのどに詰まらせて亡くなった。栃木市の事故調査委は晃太君の事故の教訓を生かせなかった情報共有の不備を指摘する報告書をまとめ、同市は事故の責任を認めた。

最新ニュース

写真・図版

戦後抹消命じられた「戦争ごっこ」 80年前の映像記録(2019/4/19)有料記事

 戦前から終戦近くまで、全国各地で戦意高揚のために兵隊のまねをする「戦争ごっこ」が流行した。栃木県真岡市の中村小学校で、学校を挙げて取り組んでいる様子の映像が、朝日新聞社が当時制作した子ども向けニュー…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン⑪

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ