メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

真言宗

関連キーワード

  • 真言宗(2013年04月22日 朝刊)

    弘法大師空海(774〜835)が唐で学んだ密教を教義に平安初期に開いた。高野山真言宗は宗派の一つ。総本山は高野山金剛峯寺。真言宗の信者約786万人のうち高野山真言宗は約393万人とされる。

  • 多良岳(2010年08月30日 朝刊)

    佐賀と長崎の県境に位置する標高996メートルの山。中腹にある金泉寺は、9世紀に弘法大師が開いたと伝えられ、登山道は真言宗の修行僧の修験場だったとされる。四季折々の山野草が楽しめることから九州各地や関西から多くの登山客が訪れる。山頂近くまで車で行け、標高も低いことから初心者には人気の山だが、ベテランの登山者は「登山道は険しく、上級者向けの山でもある」と口をそろえる。

  • 歓喜院聖天堂(2012年05月19日 朝刊)

    真言宗の聖天山歓喜院長楽寺の本殿。平家物語にも登場する斎藤別当実盛(さねもり)が1179年、聖天宮を開いたとされる。次男の六実長(ろくさねなお)が出家後の1197年、歓喜院を開創した。数回再建された後、1670年、大火で消失した。1735年、林兵庫正清らが再建に向け着工。正清他界後の60年、子の正信が現在のお堂を完成させた。1984年、国の重要文化財に指定。本尊の歓喜天も国の重文で秘仏。

最新ニュース

写真・図版

イサム・ノグチと住職の不思議なご縁 寺に灯るあかり(2021/8/12)有料会員記事

 20世紀を代表する彫刻家のイサム・ノグチ(1904~88)は、晩年に香川県の「石の町」にアトリエを構えた。日米を行き来しながら、生涯をかけて石の彫刻を追究したノグチが、死の直前まで20年以上、折に触…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】大空に込めた思いは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】絶品!ズッキーニ“揚げパン”

    パリの外国ごはん レシピ

  • 写真

    【&Travel】幕府の威信かけた西洋式城郭

    城旅へようこそ・五稜郭

  • 写真

    【&M】「日本人好みではずれなし」

    プロ絶賛のロシア料理店

  • 写真

    【&w】秋の味覚のお裾分け

    最後までおいしい鱧しゃぶ

  • 写真

    好書好日「まじょのほうき」の秘密

    子どもと楽しみ、作家の転機に

  • 写真

    論座東京五輪は「終わった」のか

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン人気シリーズ第二弾公開!

    ポロシャツの正しい着こなし

  • 写真

    Aging Gracefullyおしゃれ心も抜かりなく

    ゆるっと体を甘やかしちゃお!

  • 写真

    GLOBE+家族殺されても加害側と隣人

    スレブレニツァ虐殺描く

  • 写真

    sippo家に通う野良猫がけが

    夫婦は家族に迎えることを決断

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ