メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

眼科医

関連キーワード

  • エスペラント(2017年06月02日 朝刊)

    1887年、当時ロシア領だったポーランドの眼科医ザメンホフが考案した人工言語。簡易な文法で、民族の違いを超えて橋渡しとなる言語をめざした。組織は国内を含めて100カ国以上にあり、話す人は世界に約100万人、国内に約1万人いるといわれる。宮沢賢治も学び、作品にちなむ「SL銀河」の走るJR釜石線の全24駅には、エスペラントの別称がつけられている。

  • ひょっとこ踊り(2010年12月16日 朝刊)

    岩手県奥州市の江刺地区に伝わる民話が、「ひょっとこ」の由来話として知られる。踊りは各地にあるが、宮崎県日向市の夏祭りには全国から約80連(踊り手約1600人)が集い、おもしろさを競う。中身は、美人のオカメに目を奪われるお稲荷さまや、若者たちのひょっとこが繰り広げる騒ぎぶりなどを表したもの。日向では1908(明治41)年に地元の眼科医が青年たちに教えて広まったという。「ピーヒョロ踊り」とも呼ばれる。

  • エスペラント(2017年06月02日 朝刊)

    1887年、当時ロシア領だったポーランドの眼科医ザメンホフが考案した人工言語。簡易な文法で、民族の違いを超えて橋渡しとなる言語をめざした。組織は国内を含めて100カ国以上にあり、話す人は世界に約100万人、国内に約1万人いるといわれる。宮沢賢治も学び、作品にちなむ「SL銀河」の走るJR釜石線の全24駅には、エスペラントの別称がつけられている。

最新ニュース

写真・図版

(コロナの時代 パンデミックの序章:上)診療所異変、深夜まで行列(2020/7/4)有料会員記事

 (1面から続く) 華南海鮮卸売市場で地元の魚を売る丁長生が、親戚の女性の容体を気にし始めたころ、新型ウイルスはすでに市場の外にも広がっていたようだ。 市場から歩いて数分の距離に、多くの市場の関係者が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ