メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

眼科医

関連キーワード

  • エスペラント(2017年06月02日 朝刊)

    1887年、当時ロシア領だったポーランドの眼科医ザメンホフが考案した人工言語。簡易な文法で、民族の違いを超えて橋渡しとなる言語をめざした。組織は国内を含めて100カ国以上にあり、話す人は世界に約100万人、国内に約1万人いるといわれる。宮沢賢治も学び、作品にちなむ「SL銀河」の走るJR釜石線の全24駅には、エスペラントの別称がつけられている。

  • ひょっとこ踊り(2010年12月16日 朝刊)

    岩手県奥州市の江刺地区に伝わる民話が、「ひょっとこ」の由来話として知られる。踊りは各地にあるが、宮崎県日向市の夏祭りには全国から約80連(踊り手約1600人)が集い、おもしろさを競う。中身は、美人のオカメに目を奪われるお稲荷さまや、若者たちのひょっとこが繰り広げる騒ぎぶりなどを表したもの。日向では1908(明治41)年に地元の眼科医が青年たちに教えて広まったという。「ピーヒョロ踊り」とも呼ばれる。

  • エスペラント(2017年06月02日 朝刊)

    1887年、当時ロシア領だったポーランドの眼科医ザメンホフが考案した人工言語。簡易な文法で、民族の違いを超えて橋渡しとなる言語をめざした。組織は国内を含めて100カ国以上にあり、話す人は世界に約100万人、国内に約1万人いるといわれる。宮沢賢治も学び、作品にちなむ「SL銀河」の走るJR釜石線の全24駅には、エスペラントの別称がつけられている。

最新ニュース

写真・図版

終戦の日前に御影公会堂で平和のコンサート 地元眼科医ら企画(2022/8/11)

 【兵庫】終戦の日を前に、神戸市東灘区の御影公会堂で14日午後2時から「~平和を祈る~御影公会堂 クラシック音楽会・子ども絵画展」が開かれる。故・野坂昭如さんの小説「火垂るの墓」にも登場する公会堂を舞…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「施主最高齢」の両親へ

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】女性がお茶を入れる会議

    なぜだめなのか

  • 写真

    【&Travel】緑豊か「最も住みやすい街」

    世界の街へ バージニア州

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】まるで赤ちゃんのほっぺ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日中野好夫が憲法を「勉強」

    私費で日本人の憲法意識調査も

  • 写真

    論座非暴力抵抗こそが国民を守る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラルフ ローレン表参道に

    カフェトラック期間限定で登場

  • 写真

    Aging Gracefully岡村孝子さんインタビュー

    「今年も会えてよかった」

  • 写真

    GLOBE+「熱波は体をむしばむ」

    想像以上に大きい熱さの影響

  • 写真

    sippo財産を動物のために役立てる

    「遺贈寄付」という選択

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ