メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

着陸料

関連キーワード

  • 空港経営(2009年03月12日 朝刊)

    空港の収益は、航空会社が支払う着陸料、停留料など「運航関連」と、航空会社の施設使用料、事務所や飲食店、物販店の賃料など「ターミナルビル関連」の二つの柱がある。着陸料や停留料は国の算定基準をもとに空港管理者が独自に算定。ターミナルビルの施設使用料や賃料はビルを運営する第三セクターなどが個別の契約によって決めている。

  • ハブ空港(2009年10月13日 夕刊)

    自転車の車輪の軸(ハブ)からタイヤに向かってスポークが延びるように、世界各地への航路と、周辺地域への路線の中継拠点となるような空港のこと。発着が盛んになるため着陸料の増収が期待できる。さらに、周辺での物流産業の活発化や国際会議などの招致にもつながり、地域や国の経済活動にプラスに働くとされる。

  • 関西空港(2015年12月16日 朝刊)

    1994年に開業。人工島につくられた海上空港で、整備費がかさんで1兆円超の借金を抱えた。一方で、高い着陸料で国際線の路線が増えず、国内線では大阪(伊丹)空港と競合し、利用客が低迷した。12年に伊丹と経営統合し、新関西国際空港会社が誕生。格安航空会社(LCC)の誘致を進めた。15年冬期の運航計画では、国際線でLCC16社が25都市に就航。国際線全体の3割超がLCCだ。新関空会社の社員のほとんどは関西エアポートに移る。新関空会社は、借金返済などの業務をする会社として存続する。

最新ニュース

写真・図版

コロナ後の戦略は? 高松空港社長インタビュー(2021/8/14)

 【香川】2018年4月に民営化した高松空港(高松市香南町)では昨年から、新型コロナウイルスの影響で国内、国際線とも運休が相次いでいる。厳しい経営環境の中、ポストコロナに向けてどんな戦略を描いているの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】この男性が始めたことは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】破綻しかけた夫婦の転居録

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】焼失したかもしれない姫路城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】「共感」が暴走する時代

    個人が意識すべきことは?

  • 写真

    【&w】中華街で出合ったパエリア

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日文学に探る「ケア」の意味

    負担を分け合うフェミニズムへ

  • 写真

    論座政治の構造的問題と政権交代

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン最新号の先出しカット第一弾

    町田啓太が見つめるその先

  • 写真

    Aging Gracefullyおうちでピンチョスを楽しむ

    オンライン配信で料理講座

  • 写真

    GLOBE+震災で家族失い、ホームレス

    謎の投稿主あぶくま君に会う

  • 写真

    sippo犬や猫との別れ、どう弔う?

    考えておきたい、葬儀や火葬

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ