メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

知多半島

関連キーワード

  • 知多半島はイタリアだ(2015年09月23日 朝刊)

    +C2013年1月13日号で特集。長靴形の地形が似ていることは誰でも気づくが、実は気候、風土、文化など意外な共通点が多い。イタリア料理の食材になるトマトやアンチョビの原料カタクチイワシ、タコ、シャコがとれるほか、伝統的な食文化を尊重するイタリア発祥の「スローフード」の哲学が知多半島の醸造文化に通じることを指摘した。筆者は深津慶造記者(現三重県四日市支局員)。

  • JR武豊線(2009年03月14日 夕刊)

    大府—武豊間(19・3キロ)の非電化単線鉄道。1886年の開通当時は「半田線」と呼ばれ、旧武豊港から熱田まで通じていた。その後、大府—熱田間は東海道線(1889年全通)に編入され、武豊港駅は1965年に廃止された。知多半島で生産が盛んだったしょうゆや酢、軍需物資など貨物輸送の比重が高かったが、戦後はトラック輸送に取って代わられ、現在は旅客列車が占める。朝夕には通勤通学のため、名古屋との直通列車も走っている。

  • 日間賀島(ひまかじま)(2011年08月28日 朝刊)

    愛知県・知多半島の沖合2キロの離島。面積は0.77平方キロで、愛知県にある三つの離島のなかで最も小さい。一方、人口(約2200人)と年間の観光客数(約28万人)は最も多い。名古屋からは、名古屋鉄道(特急)と高速船を使えば、約1時間半で行ける。

最新ニュース

写真・図版

愛知)基準地価、上昇続く 名古屋駅周辺へ広がり目立つ(2019/9/20)有料記事

 19日に公表された基準地価で、県内の住宅地と商業地は7年連続で上昇した。平均変動率は住宅地が0・9%(昨年0・6%)、商業地は3・7%(同3・1%)で、ともに上昇幅が拡大。これまで動きが鈍かった名古…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ