メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

知的財産権

関連キーワード

  • 知的財産権(2019年08月28日 朝刊)

    知的な創造活動から生まれた表現や技術、手法の価値を守る権利の総称。小説、絵画、音楽などの作品に対する「著作権」、商品名などの独立性を守る「商標権」、高度な技術的工夫の独占を認める「特許権」などが含まれる。

  • 経済統合協定(EIA)(2008年07月05日 朝刊)

    特許制度や環境規制など内政面のルールにまで踏み込んで2国間の経済制度を共通化し、事実上の市場統合を実現する構想。世界でも締結の実績はない。これに対し、自由貿易協定(FTA)は、特定の国や地域との間で、関税やサービス貿易の障壁などをなくす取り決め。経済連携協定(EPA)は、FTAを柱に知的財産権制度や投資保護ルールなどにまで対象を広げる協定。日本政府はEPAに軸足をおいている。

  • 音楽著作権(2008年11月04日 夕刊)

    知的財産権の一つで、著作者が、無断で楽曲が利用されるのを禁止できる権利。他人に譲渡できる。著作権者は利用を許可する代わりに使用料を徴収できる。作詞・作曲家は通常、煩雑な権利の管理や利用促進のため、音楽出版社などとの間で使用料の取り分を定めたうえで、著作権を譲渡している。

最新ニュース

写真・図版

(フロントランナー)東洋大学教授・安藤和宏さん 日本の音楽契約変え続ける(2019/9/7)有料記事

 この人のおかげで、どれだけの音楽家が収入増の恩恵にあずかっただろうか。 かつては大手音楽出版社・日音の契約担当者。今は大学で知的財産権を教える傍ら、契約の結び方や印税などの相場を指南するコンサルタン…[続きを読む]

知的財産権をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ