メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

破産法

関連キーワード

  • 米連邦破産法11条(2017年03月30日 朝刊)

    倒産の手続きを定めた米国の法律で、日本の民事再生法に当たる。原則として旧経営陣が事業を続けながら、負債の削減などを進める「再建型」の規定で、申請後に会社が再建計画を提出し、一定以上の債権者の賛成を得たうえで、裁判所が認可すれば計画が実行される。手続きが始まると、通常は親会社の連結決算の対象から外れ、損失が出ても親会社の決算に直接影響しなくなる。

  • スパンション・ジャパン(2009年06月26日 朝刊)

    93年に富士通と米国の半導体大手A・M・Dの出資で設立され、03年に両社が新たに設立した米スパンションの子会社になった。世界的な半導体不況の影響で今年2月、東京地裁に会社更生法の適用を申請。8月12日を期限に再建計画案を策定中だ。米スパンションも3月に日本の民事再生法に相当する米連邦破産法の適用を申請し、3千人の人員削減を発表していた。

  • 事前調整型破綻(はたん)(2009年05月01日 朝刊)

    米連邦破産法11条や日本の民事再生法など、再建を前提とした法的処理に踏み切る際、債務者と債権者ら関係者が再建計画を前もってまとめておく倒産手烹「プリパッケージ型」とも呼ばれる。再建計画について債権者らと前もって合意していれば、破産法を申請してから短期間で計画が承認されやすい。企業イメージが傷ついたり、取引が滞ったりすることを極力抑えて再生に取りかかれる利点がある。

最新ニュース

バーニーズ破産検討か(2019/7/15)有料記事

 100年近い歴史を誇る米高級百貨店バーニーズ・ニューヨークが米連邦破産法の適用を申請する検討に入った、と複数の欧米メディアが報じた。衣料品のネット販売などの成長で競争が厳しくなる中、ニューヨーク中心…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シンプルこそ、エレガント

    ロイヤルコペンハーゲン

  • 写真

    【&TRAVEL】“スイーツみたいな”かき氷

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「何度もやめたくなった」

    山本舞香を支えてくれたもの

  • 写真

    【&w】みんなでブルースハープ!

    ハンバートハンバートの教室

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座代表チームは国籍を超えて

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗ショップがリニューアル

    ポール・スチュアート

  • 写真

    T JAPAN連載・歌舞伎への扉 第5回

    坂東新悟さんインタビュー

  • 写真

    GLOBE+古民家、ピンクに塗ってみた

    新潟で奮闘するドイツ人

  • 写真

    sippo愛犬734匹がパトロール

    子ども狙った事件防止に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ