メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

社会保険

関連キーワード

  • 社会保険病院(2009年04月25日 朝刊)

    旧政府管掌健康保険の保険料で整備されたが、赤字経営などから「保険料の無駄遣い」と批判を受け売却が決定。昨年10月、「年金・健康保険福祉施設整理機構」に移管。厚労省は3月、地域の医療体制が損なわれないよう、自治体の意見を聞きながら医療法人などへ来年10月までに売却する方針を示した。

  • 年金の税方式と社会保険方式(2011年01月15日 朝刊)

    税方式は年金支給にかかる費用をすべて税で賄う。民主党は税方式の「最低保障年金」を掲げている。これと、現役時代に所得に応じて支払った保険料に比例してもらえる「所得比例年金」を組み合わせ、誰もが月7万円以上もらえるようにする。所得が多く、所得比例年金が多い人ほど最低保障年金を減額し、一定の所得を超えるともらえなくなる。現行制度の土台部分となっている「基礎年金」は保険料で賄うことを軸とした社会保険方式。現制度は保険料に税を組み合わせて賄っている。税の割合は3分の1だったが、少子高齢化で現役世代の保険料負担が重くなったため2009年度に2分の1に引き上げた。基礎年金は40年間保険料を払い続けた満額の人で月6万6千円。

  • 社会保険労務士(社労士)(2016年01月29日 朝刊)

    労働・社会保険の手続きや人事・労務の専門家としてアドバイスをする国家資格。社労士として仕事をするには、社会保険労務士試験に合格し、社労士名簿に登録する必要がある。現在の登録者は約4万人。研修・試験をへて特定社労士になると、労働者個人と企業の間で起きた紛争をあっせんする仕事もできる。昨年4月の改正法施行で(1)社労士が単独で扱える労使紛争の金額を120万円に引き上げ(2)裁判で、労務管理・社会保険に関して弁護士とともに陳述することができる、など権限が拡大された。

最新ニュース

妊婦加算、再開の方向で検討 自己負担・公費助成は未定 厚労省(2019/5/24)有料記事

 妊婦が医療機関を受診した際の追加料金「妊婦加算」について、厚生労働省は来年度から再開する方向で検討に入る。妊婦や与党からの反発で1月から一時凍結していたが、妊婦や胎児に配慮した診療を評価する仕組み自…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ