メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

社会通念

関連キーワード

  • 内定取り消し(2008年10月29日 朝刊)

    厚生労働省によると、内定は雇用を保障する労働契約と認識されている。だが、内定の定義は厳密ではないため、解雇のように労働基準法で厳格に制限されているわけではない。最高裁判例では「客観的に合理的と認められ、社会通念の上で相当と是認できる場合」に限り取り消しができるとしている。同省は、企業経営の悪化などが合理的な理由といえるかは、個々のケースで判断するしかないとしている。

  • 奈良調書漏出事件(2009年12月17日 夕刊)

    2006年6月、自宅に放火し、母子3人を殺害したとして、当時高校1年の長男(19)が殺人などの容疑で逮捕された。07年5月、草薙氏が長男らの供述調書を大量に引用した著書を講談社から出版。長男と父親の告訴を受けた奈良地検は07年10月、掲載資料の内容などから、長男の鑑定医を務めた崎浜医師を特定し、刑法の秘密漏示容疑で逮捕した。草薙氏は、社会通念を逸脱した取材行為がないなどとして不起訴処分(嫌疑不十分)とされた。

  • 試用期間中の解雇(2010年06月08日 朝刊)

    たとえ試用期間中であっても、労働契約を一方的に解除する行為は「解雇」にあたる。採用試験で不合格になるケースなどと違い、すでに労働契約は結ばれているためだ。労働契約法では、解雇は、「客観的に合理的な理由」と「社会通念上の相当性」がなければ無効となる。ただ、1973年の最高裁判決はこうした要件を前提としながらも、「(試用期間中は本採用後より)広い範囲における解雇の自由が認められてしかるべきもの」という基準を示した。解雇が認められる例として、「(入社前に)知ることができず、また知ることが期待できないような事実」が分かった場合をあげた。

最新ニュース

写真・図版

トンガ級の巨大噴火、予知できる? 火山大国・日本が抱える課題(2022/1/20)有料会員記事

 南太平洋のトンガ諸島で日本時間15日に発生した海底火山の噴火は、噴火の規模を示す火山爆発指数(VEI)で、上から3番目の6かその下の5だったとみられる。日本でもこの規模の噴火は歴史的に繰り返し発生し…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】愛おしい愛猫との思い出

    “よしよし”されていたんだ

  • 写真

    【&M】ITの知識をどう学ぶべきか

    不条理とのつきあい方

  • 写真

    【&Travel】キツネの面のこの人は

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】トヨタ「C+pod」試乗

    小川フミオのモーターカー

  • 写真

    【&w】蕎麦屋での、大人のひとり時間

    ホフディラン・小宮山雄飛さん

  • 写真

    好書好日 千葉郊外の吟行に参加したら

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座自治体が生活保護を悪質運用

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンニューノーマル時代の戦闘服

    トレンチコートを振り返る

  • 写真

    Aging Gracefully畑や農産物、自然エネルギー

    便利で楽しいシェアリング

  • 写真

    GLOBE+「恥ずかしい部位」いつまで

    怒り、行動を起こした医学生

  • 写真

    sippo実話でつづる人と猫との約束

    覚悟と責任「幸せにするよ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ