メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

神戸大

関連キーワード

  • 神戸大空襲(2010年03月13日 朝刊)

    1945年2月に始まり、大規模なものは3月17日、5月11日、6月5日の3回あったとされる。犠牲者の数は神戸市によると7491人だが、神戸空襲を記録する会は8千人を超えると推定している。同会は72年から、慰霊碑がある薬仙寺で慰霊祭を催している。

  • 船舶自動識別装置(AIS)(2014年01月19日 朝刊)

    衝突防止など安全な操船のため、航行中の船が互いに船名や位置、速度、針路、規模、船種、目的地などを無線で2〜12秒ごとに発信し合う装置。神戸大大学院の若林伸和教授(電子航法学)によると、船舶安全法に基づき2002年から順滋搭載の義務化が始まった。義務化の対象は国内船では総トン数で500トン以上に限定。費用の問題もあり、中小規模の船では付けていない場合が多い。

  • 須磨離宮公園(2011年09月08日 朝刊)

    敷地面積約82ヘクタール。前身は、宮内庁が1912〜14年にかけて造営した皇室の離宮「武庫離宮」。1945年の神戸大空襲で焼失するまで約30年間、大正天皇や皇太子時代の昭和天皇、ラストエンペラーとして知られる満州国皇帝・溥儀らが利用。終戦後、神戸市に引き渡され、67年5月に須磨離宮公園として開園。

最新ニュース

写真・図版

奄美大島で新種のラン発見「アマミムヨウラン」 鹿児島(2019/5/21)

 鹿児島県・奄美大島でランの新種が発見され、「アマミムヨウラン」と名付けられた。22日、植物分類学の国際誌「PHYTOTAXA」に論文が掲載される。 奄美市の動植物研究家、森田秀一さん(61)が昨年5…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ