メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

神戸市須磨区

関連キーワード

  • 神戸連続児童殺傷事件と加害男性の手記出版(2015年07月10日 朝刊)

    1997年2〜5月、神戸市須磨区で計5人の児童が相次いで襲われ、小学4年の山下彩花さんと小学6年の土師(はせ)淳君(当時11)が殺害された。同年6月に殺人などの容疑で加害男性が逮捕された。医療少年院に送致され、2005年に本退隠今年6月、事件の経緯やその後の生活などを書いた手記「絶歌」を出版。太田出版はウェブページで「少年犯罪発生の背景を理解することに役立つ」と説明する。7月1日現在で3刷、計25万部のベストセラーに。土師君の父親は、手記の回収などを太田出版に求めている。

  • 神戸連続児童殺傷事件(2018年05月19日 朝刊)

    1997年2〜5月、神戸市須磨区で児童5人が襲われ、小学4年の山下彩花さん(当時10)と小学6年の土師淳君(当時11)が殺害された。兵庫県警は同年6月に当時中学3年の少年を殺人などの容疑で逮捕。少年は医療少年院に送致され、2005年に本退院した。元少年の男性は15年に事件の経緯などを書いた手記「絶歌」を出版した。

  • 神戸連続児童殺傷事件(2018年05月22日 夕刊)

    1997年2〜5月、神戸市須磨区で児童5人が襲われ、小学4年の山下彩花さん(当時10)と小学6年の土師淳君(当時11)が殺害された。兵庫県警は6月に当時中学3年の少年を殺人などの容疑で逮捕。少年は医療少年院に送致され、2005年に本退院した。元少年の男性は15年に事件の経緯などを書いた手記「絶歌」を出版した。

最新ニュース

教員間暴力、公務災害申請へ(2019/10/17)有料記事

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で起きた教員間の暴力・暴言問題で、9月から心身の不調を訴えて欠勤している男性教員(25)が公務災害(労災)の認定を申請することが関係者への取材でわかった。学校内で教員と…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ