メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

神戸空港

神戸空港の開港当日、離陸する一番機=2006年2月16日午前7時19分、朝日新聞社ヘリから

写真・図版

関西3空港の役割どう見直す?8年ぶりに関係者が懇談会有料会員限定記事 (2018/12/6)

関西、大阪(伊丹)、神戸の3空港について、地元自治体や財界が役割分担を話し合う「関西3空港懇談会」が、8年ぶりに開かれる。今年4月に神戸空港が民営化され、3空港とも民間企業の関西エアポートが運営しており、関空を補完する2空港の規制緩和策が…[続きを読む]

最新ニュース

ニュース一覧

関連キーワード

  • 神戸空港(2018年03月31日 朝刊)

    神戸市が空港島の造成など総事業費3140億円をかけて、2006年に開港した。昨年、利用者数が初めて300万人を超えたが、開港前の予測を下回り、借金返済の負担による赤字経営が続く。

  • 神戸空港(2011年04月13日 朝刊)

    神戸・三宮から南へ8キロの人工島にある神戸市営の地方空港。2006年2月に開港。滑走路は2500メートルが1本。総事業費は3140億円。旅客数は開港2年目の297万2726人をピークに減り続け、開港5年目は223万254人で過去最低を記録。空港運営の収支は3年連続の実質赤字になる見通し。

  •  関西3空港(2009年02月16日 朝刊)

    神戸市沖は60年代に国が構想した国際空港の有力候補だったが、73年に当時の市長が拒否。大阪・泉州沖に94年、関西空港が開港した。大阪(伊丹)空港は廃止される計画だったが、地元住民や経済界の要望で存続。その後、阪神大震災の復興の希望として神戸空港が建設され、半径30キロ圏内に運営主体の異なる3空港がひしめくことになった。国は、関空を西日本の国際拠点空港で国内線の基幹空港▽伊丹を国内線の基幹空港▽神戸を両空港を補完する地方空港——と位置づけた。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    【&TRAVEL】日本のしょうゆ発祥の地へ

    和歌山の食を訪ねて

  • 写真

    【&M】ポップとディープを往来!

    あいみょんのバランス感覚

  • 写真

    【&w】ポジティブに生きられる空間

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ