メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

神石高原町

関連キーワード

  • 連携型中高一貫教育校(2014年03月29日 朝刊)

    市町村立の中学校と県立高校との間で生徒間の交流や連携を深め、6年間の一貫した教育を実施する中高一貫制度。4月に県立油木高校(神石高原町)が地元中学2校と連携し、県内で4校目となる。連携先の中学校から高校への進学時は、面接などがある。高校は、入学試験で他の中学校出身者も受け入れる。この他、入学試験を実施せず、中高の設置者が同じ「併設型中高一貫教育校」。中学に相当する前期課程3年と高校に相当する後期課程3年の6年間を同じ学校で一体的に学ぶ「中等教育学校」がある。*朝日新聞デジタルの特集ページでは、全国の地域面で連載している教育記事などを読めます(http://t.asahi.com/dkfp)。動画がついた記事もあります。

  • ピースウィンズ・ジャパン(2016年11月22日 朝刊)

    紛争地や災害被災地の支援のため1996年に設立。災害救助犬の育成をきっかけに、広島県神石高原町で2012年から犬の保護事業を本格開始。ふるさと納税などで資金を集め、今年4月から殺処分前の犬を全頭引き取り、県内の犬殺処分ゼロを達成している。

最新ニュース

写真・図版

(現場へ!)民の力で立ち向かう:4 緊急時、医師目線で司令塔に(2020/6/25)会員記事

 100万枚。災害被災地への緊急医療チーム、ARROWSが備蓄していたマスクの数だ。 ARROWSは災害支援を行う三つのNPOや医師、看護師らで構成、緊急時にだけ出動する。リーダーは医師の稲葉基高(も…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ