メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福岡地裁

関連キーワード

  • 福岡地裁の裁判員裁判の実施状況(2010年12月28日 朝刊)

    今年1年間で53件の裁判があった。制度開始の09年は9月以降の4件だったが、今年は月平均で4〜5件のペースだった。判決後は報道機関の要望で経験者による記者会見が開かれるが、応じる人がいなかったために開かれなかったケースが9月以降に6件あった。福岡地裁小倉支部の事案では、指定暴力団工藤会傘下の組幹部が射殺された事件が、裁判員裁判の対象から除外された。

  • 九州予防接種禍訴訟(2008年07月04日 夕刊)

    予防接種が原因で死亡したり、重い障害が残ったりしたとして、福岡、鹿児島両県の8家族19人が79年に提訴(82年、追加提訴で9家族22人に)。89年4月、一審・福岡地裁は国の過失を認めたが、国は控訴。93年8月、2家族については国が約6840万円を払うことなどを条件に和解が成立。残り7家族について福岡高裁は同月、国側の過失を認め、総額3億3300万円の支払いを国に命じる判決を言い渡した。国が上告を断念し、この判決が確定した。

  • 裁判員の選任手続き(2010年01月19日 朝刊)

    大きく分けて3段階で選ばれる。(1)裁判員裁判を行う裁判所ごとに年1回、裁判員になるかもしれない候補者を有権者の中からくじで選ぶ。福岡地裁小倉支部は昨秋、4500人の候補者名簿を作り、選定通知と調査票を送付した(2)その中から公判ごとに、初公判当日に呼び出す人を抽選で選ぶ。裁判ごとに人数は異なるが、最高裁は50〜70人程度と説明している。調査票の内容から辞退を許可した人を除き、呼び出し状と、改めて辞退希望などを尋ねる質問票を送付する(3)初公判日に最後の選任手続きを行い、実際に裁判に参加する裁判員6人と、病気などで欠員が出た場合の補充裁判員を選ぶ。

最新ニュース

弁護士がウソの申請で住民票取得 自ら「違反でしょう」(2019/1/17)

 第一東京弁護士会所属の男性弁護士(71)が、ウソの利用目的を記入した申請書を使い、福岡県に住む30代男性の住民票の写しを自治体から取得していたことがわかった。男性はこの弁護士への懲戒請求を申し立てて…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】買い時は今!

    高機能ルンバがお手頃価格に!

  • 写真

    【&TRAVEL】東京湾でオニカサゴをゲット

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】新型スープラついにお披露目

    “揺れる”北米自動車ショー開幕

  • 写真

    【&w】銀座カリーのコラボ商品

    「銀座めぐるめ」初開催

  • 写真

    好書好日ピンクチラシが映す街の歴史

    北区赤羽のコレクターが語る

  • 写真

    WEBRONZA韓日の葛藤。その行く先は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン接待にもオススメの名店

    ワンランク上のぜいたく空間

  • 写真

    T JAPAN連載・おやじのおやつ 第2回

    パチャママのポップコーンほか

  • 写真

    GLOBE+いないから、あこがれる?

    アメリカで売れる王室専門誌

  • 写真

    sippo書店街の路地に生きた猫

    ひっそり愛され25年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ