メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島地裁

関連キーワード

  • 福島県立大野病院の医療事故(2008年09月14日 朝刊)

    04年12月、女性(当時29)が帝王切開で出産した後、癒着した胎盤を子宮からはがす処置中に大量出血し、死亡した。外部の専門家による県の事故調査委員会が執刀医の誤りを認める報告書を作り、県警は06年2月に医師を逮捕。今年8月、福島地裁が無罪判決を言い渡し、検察は控訴を断念した。遺族が補償を受けられるよう、県は報告書で過失を認めたとの指摘もあるが、県は「当時の担当者がいないので分からない」と話す。

  • 異状死(2014年04月20日 朝刊)

    医師は異状死と判断したら、24時間以内に警察に届け出なければならない。日本法医学会は1994年に異状死を「診療行為中または比較的直後の予期しない死亡」と定義したが、医師らから反発が続出。日本学術会議は2005年に「明確な過失かその疑いがあったときは届け出義務が課されるべきだ」と提言した。司法判断では「法医学的にみて普通と異なる状態で死亡していると認められる状態」とした08年の福島地裁判決がある。

最新ニュース

除染作業巡り実習生が提訴(2019/9/5)有料会員限定記事

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染作業に従事していたベトナム国籍の技能実習生3人が、放射線被曝(ひばく)に対する十分な情報提供や安全教育がないまま作業させられたとして、福島県の建設会社に約1230万…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ