メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島市

関連キーワード

  • 福島市小鳥の森(2013年11月03日 朝刊)

    1983年11月1日に開園。約52ヘクタールの里山に、遊歩道や室内から観察できるネイチャーセンターなどがある。園内で確認された野鳥は約90種類。環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれた。市の施設で、日本野鳥の会ふくしまが管理運営している。

  • 自立更生促進センター(2010年07月29日 朝刊)

    刑務所を仮釈放になったが家族らの引受人がいない人は、全国約100カ所(定員約2300人)の民間更生保護施設で一定期間暮らし、就職活動などをする。しかし、再犯者は敬遠されやすいなどの課題があるため、センターは民間施設で対応が困難な対象者の受け皿とされる。2006年8月までに福岡、京都、福島の3市が候補地になったが、福島市以外は地元の反対で「凍結状態」になっている。

  • 松川事件(2015年11月13日 朝刊)

    1949年8月17日、現在の福島市松川町の旧国鉄東北線で列車が脱線、転覆し、乗務員3人が死亡した。国鉄や東芝の労組幹部ら20人が関わったなどとして逮捕、起訴された。一審では全員が有罪判決を受け、うち5人が死刑判決だった。だが63年、被告のアリバイが証明されるなどして、最高裁で全員の無罪が確定。翌年に時効が成立した。

最新ニュース

写真・図版

震災10年、詠み続けた軌跡 東北ゆかりの24人、日々紡がれた1273首(2021/5/7)会員記事

 東北ゆかりの歌人たちが、東日本大震災の発生直後から詠み続けてきた短歌を『3653日目 〈塔短歌会・東北〉震災詠の記録』(荒蝦夷〈あらえみし〉)にまとめた。24人の歌人による1273首のほか、「地元に…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ