メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島県警

関連キーワード

  • 大野病院事件(2008年08月17日 朝刊)

    福島県大熊町の県立大野病院で04年12月17日、加藤克彦医師(40)が女性(当時29)の帝王切開手術を執刀した際、癒着していた女性の胎盤を子宮から切り離し、大量出血した。同医師は輸血しながら子宮を摘出する手術に切り替えたが、女性は4時間半後に亡くなった。赤ちゃんは無事生まれた。福島県警は06年2月、同医師を業務上過失致死と医師吠異状死の届け出義務)違反容疑で逮捕。公判で検察側は「癒着胎盤を無理にはがせば命に危険が及ぶことは予見できた。すぐに子宮摘出手術に移行すべきだった」などとし、加藤医師に禁固1年、罰金10万円を求刑。弁護側は「胎盤をはがすと通常は血が止まる。被告の行為は臨床医学の水準に反していない」などと反論し、無罪を主張している。

  • 福島県立大野病院事件(2008年08月20日 夕刊)

    04年12月17日、帝王切開手術を受けた女性(当時29)が死亡。外部の専門家による県の医療事故調査委員会が、執刀医の判断の誤りを認める報告書を作成したのをきっかけに、福島県警が06年2月に医師を逮捕した。医療界は「医療全体の萎縮(いしゅく)を招く」として強く反発していた。

  • 震災被災地への警察官の特別出向(2012年01月31日 朝刊)

    警察庁は震災被災地の治安を守るため、全国の警察官750人を岩手、宮城、福島の3県に特別出向させる緊急増員を決め、これを受けて昨年11月、警察法施行令が改正された。出向期間は今年2月から、原則来年3月末まで。三重県警からは20〜30代の7人が岩手県警に、愛知県警からは31人が宮城県警に、岐阜県警からは8人が福島県警に出向する。

最新ニュース

写真・図版

「刑務所戻りたくて」2人ひき逃げ、殺人罪で起訴(2020/6/30)有料会員記事

 福島県三春町の国道で5月、清掃中の男女2人が死亡したひき逃げ事件で、福島地検郡山支部は30日、逮捕された男を殺人などの罪で起訴し、発表した。捜査関係者によると、「(ひき逃げの対象は)誰でもよかった」…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】親でありYouTuber

    鈴川絢子さんインタビュー

  • 写真

    【&TRAVEL】絶景温泉で空中散歩気分

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&TRAVEL】真っ白に乾いたウユニ塩湖

    1日1旅

  • 写真

    【&M】軸のない人生に感じる不安

    読者の悩みに寄り添う映画とは

  • 写真

    【&w】夢の中で作ったドーナツ

    きっとこれが私の天職なのだ!

  • 写真

    好書好日「とびだす絵本」の定番!

    斉藤幸一さんの立体の作り方

  • 写真

    論座被爆3世を撮る(1)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバーニーズ ニューヨークの

    30周年記念アニバーサリー!

  • 写真

    T JAPANバレンシアガのIt Bag

    アイコンバッグがリニューアル

  • 写真

    GLOBE+血液でデータベースを作成

    遺伝子レベルで進む中国の監視

  • 写真

    sippo保護された秋田犬

    家族になって6年、訪れた変化

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ