メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島県警

関連キーワード

  • 大野病院事件(2008年08月17日 朝刊)

    福島県大熊町の県立大野病院で04年12月17日、加藤克彦医師(40)が女性(当時29)の帝王切開手術を執刀した際、癒着していた女性の胎盤を子宮から切り離し、大量出血した。同医師は輸血しながら子宮を摘出する手術に切り替えたが、女性は4時間半後に亡くなった。赤ちゃんは無事生まれた。福島県警は06年2月、同医師を業務上過失致死と医師吠異状死の届け出義務)違反容疑で逮捕。公判で検察側は「癒着胎盤を無理にはがせば命に危険が及ぶことは予見できた。すぐに子宮摘出手術に移行すべきだった」などとし、加藤医師に禁固1年、罰金10万円を求刑。弁護側は「胎盤をはがすと通常は血が止まる。被告の行為は臨床医学の水準に反していない」などと反論し、無罪を主張している。

  • 福島県立大野病院事件(2008年08月20日 夕刊)

    04年12月17日、帝王切開手術を受けた女性(当時29)が死亡。外部の専門家による県の医療事故調査委員会が、執刀医の判断の誤りを認める報告書を作成したのをきっかけに、福島県警が06年2月に医師を逮捕した。医療界は「医療全体の萎縮(いしゅく)を招く」として強く反発していた。

  • 震災被災地への警察官の特別出向(2012年01月31日 朝刊)

    警察庁は震災被災地の治安を守るため、全国の警察官750人を岩手、宮城、福島の3県に特別出向させる緊急増員を決め、これを受けて昨年11月、警察法施行令が改正された。出向期間は今年2月から、原則来年3月末まで。三重県警からは20〜30代の7人が岩手県警に、愛知県警からは31人が宮城県警に、岐阜県警からは8人が福島県警に出向する。

最新ニュース

写真・図版

あの日のまま、朽ちていく双葉病院 原発事故から8年(2019/3/13)有料会員限定記事

 2011年3月12日、福島第一原発で水素爆発が起き、世界最悪レベルの原発事故が発生した。それから8年。東京電力の元幹部3人が、対策を怠ったとして責任を問われた公判が結審した。事故当時も東電の中枢にい…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】ティーバッグ30種を3名に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】ピンクに染まった河川敷!

    銘酒とサクラエビを堪能する旅

  • 写真

    【&M】いすゞベレット1600MX

    小川フミオ「世界の名車」

  • 写真

    【&w】よい味、よい甘さのよい加減

    松本白鸚さんの別腹

  • 写真

    好書好日主人公はセンターバック!

    サッカー漫画「Mr.CB」

  • 写真

    論座インバウンド拡大に浮かれず

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンつい手が出てしまうおいしさ

    菓子界の重鎮が作る手土産

  • 写真

    T JAPANインテリアデザインの未来図

    キーパーソンが語ったこと

  • 写真

    GLOBE+観光で人気、だからじゃない

    なぜフランスを代表する存在に

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ