メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福祉事務所

関連キーワード

  • 生活保護制度(2015年04月25日 朝刊)

    十分な収入や資産がない人に、国が「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)を保障する制度。県や市などが設置する福祉事務所が申請窓口となり、生活費などを支給する。支給額は地域や世代により異なる。昨年7月施行の改正生活保護法で、自治体が申請者の家族に扶養可能かどうかを照会する権限が強化された。

  • 生活保護の申請(2009年03月10日 朝刊)

    生活保護の申請は各市町の窓口で受け付け、福祉事務所などがその世帯の生活状況や収入などを審査する。通常、申請から2週間〜1カ月で支給開始または却下の決定がされる。保護費として支給されるのは、年齢や家族構成、住んでいる地域によって決まる「最低生活費」と世帯収入の差額。広島市や福山市の場合、33歳夫と29歳妻、4歳子の3人世帯の「最低生活費」は、17万2870円。

  • 民生委員・児童委員(2013年12月11日 朝刊)

    大正時代に岡山県や大阪府で始まった取り組みが起源で1948年に民生委員法が制定された。民生委員の職務は▽住民の生活状況の把握▽生活相談への助言や支援▽福祉サービスの情報提供と援助▽社会福祉事業者との連携や活動支援▽福祉事務所などとの協力——などと規定されている。子どもや妊産婦を支える児童委員も兼ねる。国の配置基準をもとに都道府県が定数を決め、地域の実情に詳しい人を選んで厚生労働相が委嘱する。原則として75歳未満の人を選ぶ。任期は3年。特別職地方公務員と位置づけられ、給与はない。年5万8200円の活動費が支給される。厚生労働省によると、女性が6割、年齢別では60代以上が8割を占める。

最新ニュース

写真・図版

作家・雨宮処凛さん「家族殺せというのか」 ペット処分の指導に怒り(2022/6/10)

 作家の雨宮処凛さんは、一般社団法人「反貧困ネットワーク」が「反貧困犬猫部」を立ち上げた2020年6月から、メンバーとして活動する。生活苦からペットとともに行き場を失った人を支援するためには、何が必要…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】カレー好きが集まる「名店」

    口福のカレー 千葉市・検見川

  • 写真

    【&Travel】石垣用の巨石ごろごろ

    城旅へようこそ・小豆島

  • 写真

    【&Travel】商都の活気、黒壁の町 長浜

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】「言われたことはやります」

    会議のチカラ

  • 写真

    【&w】毎日自炊、夢はカンヌ

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日BLがつないだ2人の縁は

    「メタモルフォーゼの縁側」

  • 写真

    論座参院選での国防論議は慎重に

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンその姿勢、大丈夫?

    コリをほぐす簡単ストレッチ

  • 写真

    Aging Gracefully住吉美紀さんインタビュー

    Aging Gracefullyアンバサダー

  • 写真

    GLOBE+金正恩氏は3日で9時間

    共産国の演説が長いのはなぜか

  • 写真

    sippoビビりな愛猫と社交的な愛猫 

    それぞれ可愛いところベスト3

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ