メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

秋山翔吾

秋山翔吾

【左】九回表西武無死、秋山は216安打目となる左中間三塁打を放つ【右上】試合後、会見をする秋山=いずれも2015年10月1日、伊藤進之介撮影【中下】秋山の打球方向内訳【右下】秋山のプロ入り5年間の主な打撃成績

■2018年

■2017年

セ打撃、全員初受賞 2017プロ野球レギュラーシーズン記録(2017/10/12)

今季のプロ野球レギュラーシーズンは、ソフトバンクがパ・リーグを、広島がセ・リーグを、ともに圧倒的な強さで制した。 個人タイトルは、パの投手部門で菊池(西)が最優秀防御率と最多勝の2冠を初めて獲得。最多勝は東浜(ソ)と分け合った。打撃部門で…[続きを読む]

  • 西武・秋山翔吾が通算1千安打(2017/8/31)

    西武の秋山が通算1千安打。31日の楽天戦(koboパーク宮城)の一回、安楽から右翼線二塁打して達成。プロ289人目。初安打は2011年4月13日の日本ハム戦(札幌ドーム)の二回にウルフから。…[続きを読む]

写真・図版

西武の秋山が16年ぶり先頭打者本塁打 プロ野球球宴 (2017/7/14)

(14日、全パ6―2全セ) 全パの1番打者、西武の秋山が、2点に絡む活躍を見せた。一回に左越えへ先制アーチ。球宴での一回表の先頭打者本塁打は2001年第3戦の巨人の高橋由(現巨人監督)以来16年ぶり。第1戦に限ると1968年の東京(現ロッテ…[続きを読む]

■2016年

写真・図版

打ち合い好物、レオ逆転 西武7―4巨人 プロ野球交流戦 (2016/6/10)

■(セーフアウト)秋山勝ち越し打、メヒア20号 少々詰まった。 しかし、丸太のような腕で振り抜かれた打球は、バックスクリーン左へ飛び込んだ。七回1死一、二塁。打球を見届けた西武のメヒアが、大きなストライドで軽快に走り出す。「最近は活躍でき…[続きを読む]

写真・図版

西武・秋山、8800万円増の1.5億円 契約更改 (2015/11/30)

プロ野球新記録のシーズン216安打を放った西武の秋山翔吾外野手(27)が30日、契約更改に臨み、今季の年俸6200万円から8800万円増の1億5千万円(推定)でサインした。「ここまでの額を頂けるとは想像つかなかった」と秋山。球団側からは「…[続きを読む]

■シーズン216安打

写真・図版

レオ秋山、マートンも超えた 前人未到216安打 (2015/10/2)

(1日、オリックス4―1西武) プロ野球界で前人未到の記録を、27歳のヒットメーカーが打ち立てた。六回。215本目は三塁内野安打。くしくも、200安打目と同じだった。「素直にうれしい気持ちです」。敵地のファンからも惜しみない拍手が送られる中…[続きを読む]

写真・図版

西武・秋山、プロ野球新216安打 最終戦で達成 (2015/10/1)

プロ野球・西武の秋山翔吾外野手(27)が1日、オリックス戦(京セラドーム)の六回に内野安打を放ち、シーズン215安打のプロ野球新記録を樹立した。2010年に阪神のマット・マートン外野手がマークした214安打を抜いた。 秋山は9月30日のオ…[続きを読む]

写真・図版

レオ秋山214安打、一気に偉業 新記録に残り1試合 (2015/10/1)

27歳の若きバットマンが金字塔を打ち立てた。西武の秋山が京セラドームで行われたオリックス戦で、5安打の固め打ち。パ・リーグ記録を更新すると、一気に阪神のマートンが持つプロ野球記録のシーズン214安打に並んだ。残り1試合、10月1日の最終戦…[続きを読む]

写真・図版

レオ秋山、プロ野球記録 マートンの214安打に並ぶ (2015/9/30)

プロ野球・西武の秋山翔吾外野手(27)が30日、オリックス戦(京セラドーム)で、シーズン214安打に到達。2010年に阪神のマートン外野手が記録したプロ野球記録に並んだ。 秋山は209安打で試合に臨み、一回の第1打席で左翼線に二塁打を放っ…[続きを読む]

写真・図版

(ひと)プロ野球の年間最多安打記録に並んだ西武の外野手 秋山翔吾さん(27) (2015/10/1)

今季最終戦の前の試合で、あのイチロー外野手(41)が持つシーズン210安打のパ・リーグ記録を抜き去り、プロ野球記録の214安打に並んだ。「自分が一番びっくりしてる。偉大な先輩方の記録の上にいるのが信じられない」 ヤンキースの田中将大投手と…[続きを読む]

秋山翔吾

【左】秋山の210安打の内訳【中上】六回表西武1死、秋山は215安打目となる内野安打を放ち、プロ野球記録を更新。一塁上でボードを掲げ、笑顔を見せる=2015年10月1日、伊藤進之介撮影【右上】八回表西武2死二塁、秋山はプロ野球記録に並ぶ214安打となる二塁打を放つ【右下】八回表西武2死二塁、秋山はプロ野球記録に並ぶ214安打となる二塁打を放ち、その後生還しベンチに迎えられる【中下】一回表西武無死、秋山は左翼線に二塁打を放ち、パ・リーグ記録のシーズン210安打に並ぶ=(右上・右下・中下とも)9月30日、京セラドーム大阪、筋野健太撮影

写真・図版

レオ秋山、流し打ち習得200安打 イチロー超えも視野 (2015/9/13)

(13日、ロッテ5―4西武) 三遊間に弾む打球が三塁手のグラブをはじき、左前に転がった。全力疾走で一塁を駆け抜けた西武の秋山翔吾は、大型ビジョンにともった安打の印「H」を見て、照れ笑いを浮かべた。五回2死二塁。200安打を適時内野安打で決め…[続きを読む]

西武・秋山、シーズン200安打 プロ野球史上6人目 (2015/9/13)

プロ野球・西武の秋山翔吾外野手(27)が13日、ロッテ戦(西武プリンスドーム)の五回、三塁手のグラブを弾く適時内野安打を放ち、プロ野球史上6人目(7度目)のシーズン200安打を達成した。 前日3安打を放って大台まで残り1本でこの試合を迎え…[続きを読む]

秋山翔吾

【左】2015年5月27日、西武5―4巨人 プロ野球交流戦 七回表西武無死、秋山はこの日2本目の本塁打を放つ=時事【右上・下】西武の秋山翔吾選手=天田充佳撮影

■31試合連続安打

レオ秋山、連続試合安打は31でストップ 歴代3位タイ (2015/7/14)

プロ野球西武の秋山翔吾外野手(27)の連続試合安打が歴代3位タイの「31」で止まった。14日の楽天戦(西武プリンスドーム)で、5打席に立ち、4打数無安打、1四球に終わった。プロ野球記録は1979年に高橋慶彦(広島)がマークした「33」だっ…[続きを読む]

■2015年は飛躍の年

秋山翔吾

【左】3・4月の月間MVPを初受賞した秋山。ライオンズの「L」マークでポーズを決めた=2015年5月8日、千葉市【右上】月間MVPを初受賞して喜びを語る西武の秋山=2015年5月8日、千葉市【右下】招待した親子と一緒に記念撮影する西武の秋山(奥中央)=2015年5月6日、西武プリンスドーム

写真・図版

(スコアの余白)西武・秋山 ひとり親家庭の子へ夢を (2015/5/11)

「今年はいいスタートになったのでうれしい」 西武の秋山が3、4月の月間最優秀選手(MVP)のリーグ打撃部門を初受賞した。8日の会見で喜びを語る表情は、自信に満ちあふれていた。 開幕から不動の1番打者として中堅で全試合に出場。4月終了時の打…[続きを読む]

写真・図版

西武・秋山「入るとは」 初安打はHR オールスター (2015/7/18)

(18日、プロ野球オールスター第2戦) 西武・秋山翔吾の球宴初安打は本塁打だった。球宴第1戦の3日前の14日まで連続試合安打の記録に挑んでいた27歳。重圧から解放された直後の大舞台で「最後の打席になりそうだったので思い切りいった」。五回、D…[続きを読む]

秋山翔吾

あきやま・しょうご 神奈川県出身。1988年4月16日生まれ。横浜創学館高から青森・八戸大(現八戸学院大)を経て、2010年秋のドラフト3位で西武に入団。13年にゴールデングラブ賞を初受賞。15年に31試合連続安打と、プロ野球新の216安打を記録。身長183センチ、体重85キロ。右投げ左打ち。中堅手。背番号55。

最新ニュース

写真・図版

秋山、節目の逆転打 海外FA権取得 西武4―2日本ハム プロ野球(2019/8/21)有料記事

 ■(セーフアウト)タカのM点灯を阻止 首位ソフトバンクとの差は試合前で6ゲーム。それでも、昨季リーグ優勝の西武はここからの攻防を経験している。秋山は言った。「昨年の追われる苦しさをわかった上で追いか…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ