メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

秦野市

関連キーワード

  • Bhas42細胞(2009年04月14日 朝刊)

    マウスの胎児から採取された細胞株に、活性型のがん遺伝子が組み込まれたもの。発がんの初期段階(DNAの配列乱れ)と同じ性質で、秦野市にある厚生労働省所管の特例民法法人・財団法人食品薬品安全センターで90年に生み出された。同様の形質転換の試験法研究が目的だったが、実用化には至っていなかった。

  • 野生鳥獣の農業被害(2012年07月20日 朝刊)

    JAはだのによると、2011年度の秦野市内の農業被害は852件あり、約7873アール、約2448万円。鳥獣別の被害はニホンジカ約761万円、ハクビシンやタヌキなど約423万円、鳥類約397万円、イノシシ約312万円。

  • あいりちゃん事件と所在不明児問題(2014年09月06日 朝刊)

    山口あいりちゃんと母親の行恵被告は、千葉県松戸市、神奈川県秦野市、横浜市と転居を繰り返し、関係する行政機関が母子の生活実態を把握できなかった。就学年齢にもかかわらず小学校に通っていなかったことの実態把握も遅れ、生死が判明したのは死後9カ月後。「所在不明の子」の安否確認が見直されるきっかけとなった。厚生労働省は今年、初めて全国調査をし、5月1日時点での所在不明児童は2908人。自治体や児童相談所が確認を続けている。

最新ニュース

12日午後10時45分までに大雨特別警報が出た市町村(2019/10/12)

大雨特別警報の範囲は1都11県まで広がった。12日午後10時45分までに、大雨特別警報が発表された市町村は以下の通り。【東京】八王子市青梅市昭島市町田市日野市福生市羽村市あきる野市日の出町檜原村奥多摩…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ