メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

秦野市

関連キーワード

  • Bhas42細胞(2009年04月14日 朝刊)

    マウスの胎児から採取された細胞株に、活性型のがん遺伝子が組み込まれたもの。発がんの初期段階(DNAの配列乱れ)と同じ性質で、秦野市にある厚生労働省所管の特例民法法人・財団法人食品薬品安全センターで90年に生み出された。同様の形質転換の試験法研究が目的だったが、実用化には至っていなかった。

  • 野生鳥獣の農業被害(2012年07月20日 朝刊)

    JAはだのによると、2011年度の秦野市内の農業被害は852件あり、約7873アール、約2448万円。鳥獣別の被害はニホンジカ約761万円、ハクビシンやタヌキなど約423万円、鳥類約397万円、イノシシ約312万円。

  • あいりちゃん事件と所在不明児問題(2014年09月06日 朝刊)

    山口あいりちゃんと母親の行恵被告は、千葉県松戸市、神奈川県秦野市、横浜市と転居を繰り返し、関係する行政機関が母子の生活実態を把握できなかった。就学年齢にもかかわらず小学校に通っていなかったことの実態把握も遅れ、生死が判明したのは死後9カ月後。「所在不明の子」の安否確認が見直されるきっかけとなった。厚生労働省は今年、初めて全国調査をし、5月1日時点での所在不明児童は2908人。自治体や児童相談所が確認を続けている。

最新ニュース

写真・図版

神奈川)「団体から個人へ旅は変わる」 鶴巻温泉の女将(2020/7/28)

 もともと陣屋は、館内で過ごす目的で近隣から家族でおこしになる方が多いんです。周辺が著名観光地ではないですから。訪日外国人客も1割未満で大きな心配はしていなかったのですが、2月中旬から宴会のキャンセル…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】YOASOBIインタビュー

    クリエーティブの源泉を探る

  • 写真

    【&w】ミナペルホネンのモノづくり

    コロナ後、作り手は

  • 写真

    【&TRAVEL】路線バスで巡る与那国島

    クリックディープ旅

  • 写真

    【&M】邦画界へ警鐘を鳴らす真意

    俳優・池松壮亮の責任の取り方

  • 写真

    【&w】筆ペン1本だけで

    &w文化部

  • 写真

    好書好日世界と自分を発見する瞬間

    最果タヒさんの絵本「ここは」

  • 写真

    論座世田谷モデルを全国に

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン暑い季節のスーツの着こなし

    クールな着こなしの鍵は?

  • 写真

    T JAPAN日本のスター美術家の軌跡

    草間彌生から村上隆まで

  • 写真

    GLOBE+米国に広がるニューノーマル

    家庭菜園ブームと地域農園

  • 写真

    sippo熱い涙が頰をつたう

    号泣できる犬の映画3選

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ