メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

立命館大学

関連キーワード

  • 3大学のキャンパスアジア・プログラム(2014年07月27日 朝刊)

    立命館大学、広東外語外貿大学、東西大学校の学部学生30人が2年間で3カ国を移動する。学生は1年目、自国以外の2言語を自分の大学で集中的に学習。2年目は中、日、韓の順番で約10週間ずつ滞在し、寮で共同生活をしながら現地語の講義を受ける。フィールドワーク型の授業や、週末を利用した文化体験、ホームステイなどの課外活動もある。3年目も同じ順番で移動する。文部科学省による「大学の世界展開力強化事業」(2011年度採択分)の中間評価で、最高のS評価を受けた。3大学はプログラムを常設化する方針を決めている。

  • 孔子学院(2014年08月19日 朝刊)

    中国語学習や文化交流などを目的に中国が海外の大学と提携して設立した教育機関。本部は北京。2013年末時点で115カ国・地域に440校あり、日本では早稲田大学や立命館大学などに設けられている。中国政府の宣伝機関との批判も強く、学院人事などに中国側が介入するケースもあることから、設置を控える大学もある。

  • 報道と人権委員会(PRC)(2014年11月25日 朝刊)

    朝日新聞社と朝日新聞出版の記事に関する取材・報道で、名誉毀損(きそん)などの人権侵害、信用毀損、記者倫理に触れる行為があったとして、寄せられた苦情のうち、解決が難しいケースを審理する常設の第三者機関。朝日側は調査結果の「見解」を尊重する、などと定めている。現在の委員は、早稲田大学教授(憲頬の長谷部恭男氏、元最高裁判事で弁護士の宮川光治氏、元NHK副会長で立命館大学客員教授の今井義典氏。

最新ニュース

写真・図版

カメラの人物、瞬時に「人形化」 商業施設で需要見込む(2019/5/8)有料記事

 ビデオカメラに映った大勢の人物を、服の色やしぐさで描き分けて人形のような「アバター」(分身)で表示するソフトウェアを、立命館大学などのグループが開発した。顧客や通行人のプライバシーを侵害せずに店の混…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ