メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

竹鶴政孝

竹鶴政孝

写真左=竹鶴政孝さんが住んでいた邸宅、写真右=ニッカウヰスキー製品を見る竹鶴さん

竹鶴政孝

【アーカイブ】国産ウイスキーの開祖、死去

(1979年8月30日掲載)カイゼルひげにひときわ目立つ大きな鼻――独特の風ぼうで親しまれ、日本の本格的なウイスキーの生みの親といわれたニッカウヰスキー会長、竹鶴政孝(たけつる・まさたか)氏が29日午前5時30分、肺炎のため入院先の東京都文京区の順天堂大学付属病院で死去した。85歳。 大正7年、単身英国に渡り、グラスゴー大学で応用化学を学ぶかたわら、ウイスキー工場に通いつめ…[記事全文]

(愛の旅人)ニッカウヰスキー

  • /

    夫の夢を異国で支え

    淡いピンクを帯びた墓石の肩越しに、北海道・余市(よいち)湾に注ぐ余市川と、対岸に重なるニッカウヰスキー余市蒸溜(じょうりゅう)所の赤いトタン屋根が見える……続き…

  • /

    プロの主婦として

    台所の向かい側に、二つのドアが並んでいた。左が竹鶴政孝の和室、右がリタの洋室。趣が異なる部屋は、壁ではなくふすまで仕切られ、気軽に行き来したり、一つの部屋として使ったりできるようになっていた……続き…

関連キーワード

  • サントリーとニッカウヰスキー(2014年09月30日 朝刊)

    両社には深い縁がある。サントリー創業者の鳥井信治郎氏は1923年、ウイスキーづくりを本場スコットランドで学んだ竹鶴政孝氏を外部から自社に招いた。竹鶴氏は24年に完成した山崎蒸留所(大阪府島本町山崎)で、国内初のウイスキーづくりに携わった。34年に退社し、現在のニッカを創業した。気候がスコットランドに似ていると言われる北海道でウイスキーづくりに取り組み始めた。

最新ニュース

写真・図版

北海道)厚岸ウイスキー、27日全国発売 3年越しの夢(2020/2/25)

 北海道厚岸町でウイスキー造りを進めてきた堅展実業(東京)が27日、3年間熟成させた「厚岸ウイスキー サロルンカムイ」を全国発売する。サロルンカムイはアイヌ語で「湿原の神=タンチョウ」の意味。ボトルも…[続きを読む]

竹鶴政孝をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】5キロ増で演じた“恐妻”

    水川あさみさん

  • 写真

    【&TRAVEL】宇賀なつみ、神津島の旅

    連載「わたしには旅をさせよ」

  • 写真

    【&M】パワーよりも軽さと操縦性

    ロータス・ユーロッパ

  • 写真

    【&w】夫の「気遣い」にモヤモヤ

    自分を守るために〈PR〉

  • 写真

    好書好日小説を原作に音楽を作り出す

    YOASOBIと作家が鼎談

  • 写真

    論座「半沢直樹」と似たドラマ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン黒のスーツをどう着こなす? 

    ビジネスシーンでもOK?

  • 写真

    T JAPAN新型Eクラス、その革新性

    日本初のARナビを搭載

  • 写真

    GLOBE+賢く我慢を学んだ子は伸びる

    「マシュマロ・テスト」とは

  • 写真

    sippo元ホームレスと猫との出会い

    実話に基づいた映画をもう一度

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ