メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

笠岡市

関連キーワード

  • カブトガニ(2008年08月22日 朝刊)

    2億年前からほとんど姿を変えていない節足動物。おわんのような殻をかぶった体にとげのようなしっぽを持つ。体長はオス50センチ、メス60センチ程度。世界的には東南アジアや中国、アメリカの東海岸に生息。国内では現在、曽根干潟や伊万里湾のほか、瀬戸内海の山口県沿岸、福岡市の今津湾、大分県杵築市の守江湾などで確認されており、瀬戸内が分布の北限とされる。繁殖には産卵のための砂地と、幼生が育つための干潟が必要だが、干拓や埋め立て、護岸工事などで生息地が減少。環境省のレッドデータブックで「絶滅の危機にひんしている」絶滅危惧(きぐ)I類に指定されている。岡山県笠岡市、愛媛県西条市、佐賀県伊万里市では、繁殖地がそれぞれ国、県、市の天然記念物になっている。

  • ガバメントクラウドファンディング(GCF)(2018年01月13日 朝刊)

    自治体がふるさと納税の使い道を事前に明確にして、その賛同者から寄付を募る仕組み。ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画運営するトラストバンク(東京)が4年前に始め、全国に広がった。県内では笠岡市や真庭市、和気町などが取り組んでいる。吉備中央町は2016年から引退したサラブレッドの再調教をするプロジェクトの費用をGCFで募り、昨年3月までに約3700万円が集まったという。

最新ニュース

【笠岡市(岡山県)】「間違イイ探し」ポスターで、まちがイイをPR!(2018/10/11)

リリース発行企業:笠岡市(岡山県)住みやすさ、子育てのしやすさを発見できる5つの間違い!POINT 1:「消滅可能性都市」と言われている笠岡市のイメージチェンジ・プロモーション。※消滅可能性都市:20…[続きを読む]

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】1Lあたり約25円と高コスパ!

    手軽に炭酸飲料が作れるマシン

  • 写真

    【&TRAVEL】テンヤ釣りでタチウオ狙う

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】マザコンの過去を告白

    「式場選びも母に電話で相談」

  • 写真

    【&w】初めてなのに懐かしい味

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日不思議な亡国をまるごと紹介

    「いまさらですがソ連邦」人気

  • 写真

    WEBRONZA個人タブレットを持たせ通学

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンおもてなしゴルフのススメ④

    「また次も」の言葉と贈り物

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第29回

  • 写真

    GLOBE+ここも「サッカーの大地」

    連載「アフリカを旅する」

  • 写真

    sippo公園に放置されていた大型犬

    やっとたどりついた幸せな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ