メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

筑波大

関連キーワード

  • 筑波大で相次いだ学内セクハラ(2008年12月23日 朝刊)

    研究室で女子学生の胸を触ったなどとして、人間総合科学研究科の教授(53)が9月に強制わいせつ容疑で逮捕されたのに続き、生命環境科学研究科の教授(46)が女子学生2人へのセクハラを認め、11月に退職した。いずれも事件発覚直後に退職願を提出し、大学は処分できぬまま、民法の規定によって2週間以内に退職扱いとした。大学は調査と処分の迅速化に向け、懲戒審査委員会の常設を決めた。

  • 筑波大学の学生宿舎(2010年05月07日 朝刊)

    大学開学と同時期の1974年にできた。大学周辺の一の矢、平砂、追越、春日の4地区に60棟3971室(入居定員4124人)が設置されている。10年4月現在、大学生約2千人、大学院生約400人、留学生約1300人の計約3700人が入居。家賃は、1人部屋(約10平方メートル)で、月約1万4千円。

  • 国際化拠点整備事業(グローバル30)(2009年12月19日 夕刊)

    2008年に福田首相が提唱した「留学生30万人計画」に基づき、文部科学省が国際化拠点大学を選び、重点的に財政支援をする事業。高等教育の国際力強化や国際的に活躍できる高度な人材を育成するのが目的。英語だけの授業で学位が取得できる態勢づくりをはじめ、専門スタッフによる留学生の生活支援や就職支援などを進める。留学生の受け入れ拠点となる大学を30程度選ぶが、今年度はまず7月に13大学を採択した。各大学には年間2億〜4億円が5年間継続して交付される。採択された大学は次の通り。東北大、筑波大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大、慶応大、上智大、明治大、早稲田大、同志社大、立命館大。

最新ニュース

SDGsの道筋、広い視点で議論 朝日地球会議が閉幕(2019/10/17)

 「ひらかれた社会へ 多様性がはぐくむ持続可能な未来」をテーマに東京都内で開かれていた国際シンポジウム「朝日地球会議2019」(朝日新聞社主催)が16日、閉幕した。3日間でのべ約5千人が来場し、国連が…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ