メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

筑紫野市

関連キーワード

  • 引き揚げと性暴力(2016年08月17日 朝刊)

    戦後、引き揚げ者らの応急救護や検疫をするため、厚生省が京都府舞鶴市や長崎県佐世保市など全国11カ所に引揚援護局を開いた。福岡県にあった博多引揚援護局は1946年3月、現在の同県筑紫野市に引き揚げ女性のための治療施設「二日市保養所」を設置。当時、人工妊娠中絶は違法だったが、引き揚げ中に強姦(ごうかん)などを受け妊娠した女性の堕胎手術が行われた。博多引揚援護局史によると、46年3〜12月まで380人の患者がおり、そのうち強姦などで妊娠した人は218人いたとされる。

  • 警固断層(2013年04月08日 朝刊)

    玄界灘から筑紫野市まで延びる55キロ程度の活断層。05年の福岡沖地震で動いたのは海底を走る北西部(約25キロ)。隣接する南東部(約27キロ)は、国の地震調査委員会がM7・2の地震を起こすと推定。30年以内の発生確率は0・3〜6%と、全国の活断層でも高い値だ。県は最新の被害想定で死者約1200人、建物全壊は約1万8千棟と想定した。

  • 警固断層帯(2017年03月19日 朝刊)

    玄界灘から福岡県筑紫野市へ延びる約55キロの活断層。志賀島付近より北の北西部が動いた福岡沖地震では福岡市内で最大震度6弱を記録し、1人が死亡、約500棟が全半壊した。都心部の直下を走る南東部にはひずみがたまっているとされ、国の地震調査委員会はマグニチュード7.2程度を起こすと推定。30年以内の発生確率は0.3〜6%で全国的にも高い。福岡県は最大で死者が1183人、建物全壊が1.8万棟に達すると想定している。

最新ニュース

写真・図版

福岡4区 批判票の行方は(2021/10/13)会員記事

■4区 過去2回は自民現職が野党2人との三つどもえを制した。2回とも候補者を出した共産は今回擁立を見送る一方、地元での野党統一候補の調整は頓挫し、立憲と社民がそれぞれ立てる。自民現職に、維新も加わった…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】この男性が始めたことは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&w】破綻しかけた夫婦の転居録

    東京の台所2

  • 写真

    【&Travel】焼失したかもしれない姫路城

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】「共感」が暴走する時代

    個人が意識すべきことは?

  • 写真

    【&w】中華街で出合ったパエリア

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日文学に探る「ケア」の意味

    負担を分け合うフェミニズムへ

  • 写真

    論座政治の構造的問題と政権交代

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン最新号の先出しカット第一弾

    町田啓太が見つめるその先

  • 写真

    Aging Gracefullyおうちでピンチョスを楽しむ

    オンライン配信で料理講座

  • 写真

    GLOBE+震災で家族失い、ホームレス

    謎の投稿主あぶくま君に会う

  • 写真

    sippo犬や猫との別れ、どう弔う?

    考えておきたい、葬儀や火葬

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ