メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米国大統領

関連キーワード

  • オバマ米国大統領受け入れ計画(2016年11月29日 朝刊)

    被爆の実相に触れ、平和を願う「ヒロシマの心」を共有してもらおうと広島市が作った。日米両国政府が5月10日にオバマ大統領の広島訪問を発表した3日後、市米国大統領受入本部の担当者が外務省の担当者に伝え、実現に向けて米国政府に働きかけるよう求めた。移動経路や演説場所が異なる3種類ある。朝日新聞記者の情報公開請求を受け市が開示した。

  • 一般教書演説(2015年01月22日 朝刊)

    米国大統領が年に一度、内政や外交、軍事など、今後1年間で重点的に取り組む政策課題を議会で説明する演説。全米でテレビ中継される。議院内閣制を取る日本などと異なり、米国では、同演説を除くと、大統領が議場に立つことはほとんどない。

  • 一般教書演説(2018年02月01日 朝刊)

    米国大統領が年に1度、内政や外交、軍事など、今後1年間で重点的に取り組む政策課題を議会で説明する演説。大統領が「連邦の現状」について把握し、議会に報告するという性格がある。これに対し、トランプ大統領が昨年、就任した後に行った演説は「施政方針演説」と呼ばれる。議院内閣制を取る日本などと異なり、米国では、一般教書演説を除くと、大統領が議場に立つことはほとんどない。

最新ニュース

写真・図版

94歳のマハティール首相「米国はやがて高い代償払う」(2019/12/8)有料会員限定記事

 マレーシアのマハティール首相は、アジアで最も名が知られた政治家の一人であり、その言葉は国内外に影響力を持つ。最初の首相在任は22年間に及び、日本などの発展に学ぶ「ルックイースト(東方)政策」を唱えた…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】『風の電話』完成披露試写へ

    モトーラ世理奈、西島秀俊ほか

  • 写真

    【&TRAVEL】ご利益年が重なる好機到来

    空海ゆかりの地<PR>

  • 写真

    【&M】目からウロコのアドバイス

    高橋伸哉の写真教室

  • 写真

    【&w】スリランカ母さんのビリヤニ

    パリの外国ごはん。ふたたび。

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    「西の魔女が死んだ」を超解釈

  • 写真

    論座葡萄は気温上昇に耐えるか

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン帝国ホテルのシュトレン

    ホテルクオリティーの手土産

  • 写真

    T JAPAN休日ランチだけの店

    北青山「アルボア」

  • 写真

    GLOBE+WeWorkの奇妙な自滅

    あの日本企業はもっと奇妙だ

  • 写真

    sippo手術したが、「かわいそう」

    野良猫13匹を自宅で預かる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ